カッピング(吸角)

カッピングは鍼灸と同様に古代から受け継がれてきた施術法です。

古くからの方法、新しい方法、カッピングにも様々な方法があります。

 

鍼やマッサージの効果をグッと引き上げてくれる、頼りになる縁の下の力持ち、それがカッピングです。

 

 カッピング治療

 

 

【カッピングという呼び名】

カッピングには、他にもいくつかの呼び名があります。

 

様々な国で行われてきた古くからある手法のため、様々な呼び名があります。

 

 

・吸い玉、吸玉(すいだま)

・吸角(きゅうかく)

・抜罐(ばっかん)

・吸い瓢(すいふくべ)

・プハン

・角法(かくほう)

 

 

当院でお話ししている時は「カッピング」と言うことが多いですが、実は、私は呼び名にこだわりがありませんし、呼び名の違いにはあまり意味はありません。

 

当院で「カッピング」と呼んでいるのは、単純に「誰でも読みやすい・わかりやすい」からです。

 

吸玉吸角と書かれていて、それを疑問もなくさらっと「すいだま」とか「きゅうかく」と読めるのは鍼灸師など東洋医学系の医療関係者くらいですからね。

 

*鍼灸師同士で話すときは「吸角」と表現しています。

 

 

ちなみに中国では「パーグァン(バッカン)」、韓国では「プハン」と呼ばれています

 

中国語はほとんど聞き取れない私ですが、これだけは聞き取れます(笑)

 

 

 

【カッピングで使うもの】

現在のカッピングではガラス製強化プラスチック製のものが主流です。

 

その他にシリコン製のカップもあります。

 

今ではインターネットで簡単に購入できるためセルフケア用にお持ちになっている方もいらっしゃいますが、プラスチック系のタイプが多いようです。

 

当院ではガラス製のものを使っています。(上の写真のタイプです)

 

 

<当院がガラス製カップを採用する理由>

・皮膚へ当たる部分がプラスチックに比べて滑らかなため、皮膚への吸着がスムーズです。

 

・素材の透明度が高いため、カップ内部の「皮膚の張り度合い」や「皮膚色の変化」を判断しやすいです。

 

・プラスチックに比べ洗浄、消毒、滅菌が容易で衛生的です。 

 

 

ちなみに、カッピングが盛んな中国などでは、自宅でセルフケアとしてカッピングを行うことも多いです。

 

中国では、カッピングは特に変わった治療ではなくごく普通に行われています。

 

街角など、特に医療機関などでなくてもカッピングを行っている光景が見られます。

 

 

カッピングが盛んな中国、韓国、台湾などでは、ご家庭でカッピングをする場合は専用カップ以外のものもけっこう使われています。

 

「用が足りれば良い」ということで、湯のみコップ空き瓶なども使われています。

 

どこでも手に入り、素材も厚く耐久性に優れていて、しかも安い。

 

使われるのも納得です。

 

 

10年以上前の話ですが、私の台湾人の知人が「バッカンには(某メーカーの)佃煮の空き瓶が最高だね」と言って佃煮を買い物袋いっぱいに買っていたことがありました。

 

私も自分に試してみましたが、確かになかなか良かったです(笑)

 

セルフケアでカッピングをされる場合、安全性のため、湯のみや空き瓶でなく専用のものをご使用ください。

 

 

 

【カッピングの効果】

  ✓体液循環を促す

 

  ✓筋肉の張りやコリをやわらげる

 

  ✓自律神経への作用

 

  ✓水分代謝を促す

 

  ✓ストレッチ効果

 

 などが一般的に言われているところです。

 

 

 

【カッピングを行うとき】

カッピングは古代から行われている素朴な方法で、良くも悪くも「大雑把」な施術方法です。

 

だからこそ良い面もあるのですけどね。

 

効用の範囲も広く万能的ではありますが、その分かゆいところには手が届きにくいです。

 

当院では、まず全身調整としての鍼灸やカッピングなどを行ってから、細かい部分の施術に入っていきます。

 

 

施術の際には、カッピングありき手段ありきではなく、その場その時の体の状態をみて方針やそのための手段を判断していきます。

 

お一人お一人の体質・現在の状態・施術へのご希望など、全体からみてカッピングを行っています。

 

 

 

【実際のカッピングってどんな感じ?】

カッピングを受けた時の感覚は独特なものです。

 

マッサージともストレッチとも違う、何とも言えない感覚です。

 

 

「いつも凝っていて、ねっとりした感じ」

 

「しつこくて、わずらわしい感じがするコリ」

 

「へばりついたようなコリ」

 

「首や背中がいつもうっとうしい感じ」

 

 

そんな頑固でしつこいコリがある方が特に気持ち良く感じます。

 

 

カッピングは「引くチカラ」を利用した手法です。

 

 

 

「押すチカラ」を利用した手法はたくさんあります。

 

指圧やマッサージはもちろん、鍼や灸にもあります。

 

プールで行う水治療も水圧を利用しますし、酸素カプセルなども基本的に加圧します。

 

*カッピングにも押すチカラを利用した手法があります。

 

 

 

「伸ばすチカラ」を利用した施術方法もたくさんあります。

 

ストレッチがその代表的なものです。

 

整形外科で行われている頚椎牽引や骨盤牽引も、組織を伸ばす縮めるを繰り返すことでストレッチとマッサージ効果を狙う方法です。

 

カッピングの場合も吸着時間を調整することでストレッチ効果を狙うことがあります。

 

 

 

「引くチカラ」を利用したものは、カッピングくらいしかありません。

 

押してもだめなら引いてみな。

 

そんなカッピングの効果を感じていただければ幸いです。

 

*マッサージの一部と電気刺激療法の一部にカッピングの仕組みを利用したものがあります。

 

 

 

【カッピング吸着時間について】

当院で行っているカッピングでは、カップを皮膚に吸着させてから「60秒」ほどで一旦外します。

 

それを数回繰り返します。

 

 

トータルで5~15分という時間になりますが個人差も大きいです。

 

*上記の時間は、鍼灸やマッサージなど他の手法と組み合わせてカッピングを行った場合です。

 

 

 

<なぜ短時間なのか>

当院のカッピングの吸着時間が比較的短いのには理由があります。

 

・最適な刺激量にするため。

 

・皮膚トラブル防止のため。

 

 

~最適な刺激量~

カッピングに限らず、鍼灸やマッサージなどでも最適な刺激量というものがあります。

 

カッピングでもマッサージでも、それが弱くても強くても体にとっては全てが刺激です

 

施術によってどのくらいの刺激が加わるのが最適なのかを判断することが大切です。

 

それはお一人お一人で異なります

 

そのため当院の施術時間は一定ではありません。

 

カップの数が多ければ効くというものでもありません。

 

単に、短ければ、長ければ、多ければ、、、ということではないのです。

 

 

体に必要な刺激量に足りなければ効果が出にくくなりますし、必要な刺激量を超えても効果が落ちたり、効果が長続きしなくなってしまいます。

 

重要なのは、施術時間の長短ではなくその効果であり、そのためのベストな吸着圧や施術時間の決定です。

 

 

 

~皮膚トラブル防止~

長時間カップを吸着させた場合のもう一つの問題は「皮膚」です。

 

一般に、日本人の皮膚は薄くて柔らかいです。

 

子どもはもちろん、成人でも事務職や屋外活動をあまり行わない方は特にこの傾向が強まります。

 

 

そんな柔らかく繊細な皮膚に長時間カッピングを行なえば皮膚を傷めてしまいます。

 

*カッピングに慣れている方や皮膚が強い方は連続で10分くらい行っても何ともない方もいらっしゃいます。

 

 

セルフケアで自宅カッピングを行っている方々には、安全のためには「長くても1分以内」にしておくことをおすすめしています。

 

繊細な日本人の皮膚は、想像しているよりはるかに弱い刺激で大きく変化します。

 

 

 

【溢血斑について】

溢血斑いっけつはん

 

溢血斑とは、カッピングを行ったときにできる丸い吸いあとです。

 

 

スポーツ選手の背中や肩に、丸い赤黒いような跡がついているのをテレビで見たことがありませんか?

 

近年はSNS上でも見かけることが増えました。

 

 

カッピングでは、この吸いあとのつき具合によって体の状態を判断していくこともあります。

 

その溢血斑の色調、溢血斑がつくまでの時間、皮膚の硬さ柔らかさ、跡が消えるまでの期間(通常5~10日)などが参考になります。

 

 

ただ、当院では原則として溢血斑を極力つくらないようにカッピングを行っています。

 

皮膚の緊張、筋肉のコリ、呼吸の状態など様々な要素によって邪魔されている体のめぐり。

 

その体のめぐりである体液循環を変化させ、体が治すルートに乗ることが当院のカッピングの目的です。

 

 

 

【しなやかであたたかい体】

しなやか

あたたか

 

これは体にとっての基本です。

 

 

カッピングでも鍼灸でもマッサージでも、そんな体を目指して施術しています。