当院の施術

もともと人間には≪自分で自分の体の不調を治せる力≫があります。

 

 

それは生体恒常性自然治癒力、ホメオスタシスなどと呼ばれています。

 

 

自分で自分を治す力。

 

 

その力が備わっているからこそ、怪我をしても、風邪をひいても、病気になりかけても、時間とともに治っていきます。

 

何も気にかけなくても、勝手に。

 

東洋医学では、そんな状態を「臓腑」「経絡」「」「」「」「」などがしっかり整って機能している状態だと考えます。

 

 

ただ、しばしばそれがうまくいかない時があります。

 

だからこそ慢性疾患・慢性症状という言葉が存在します。

 

*慢性は、ある一定期間過ぎても症状や疾患が治らなかった時につく言葉です。

 

 肩こりと鍼灸治療

 

 

✓何年も続いている頑固な肩こりや頭痛

 

✓何度も繰り返すぎっくり腰

 

✓何をやっても改善しないしつこい痛み

 

✓原因がはっきりしない腰痛

 

✓調子が良かったのに急にひどくなるアトピー性皮膚炎

 

✓薬を飲んでも効かない花粉症やアレルギー性鼻炎

 

その他の様々な慢性症状など。

 

 

何年何十年と続いていることがあります。

 

 

 

何が治るのを邪魔しているのか。

 

なぜその症状が出てくるのか。

 

どこかで何かが治るのを邪魔している。

 

 

その邪魔しているものをみていくことが大切です。

 

 血液循環の改善

 

 

 ●皮膚や筋膜などの結合組織

 

   ●筋肉、動作、姿勢

 

   ●呼吸

 

   ●血液リンパ液などの体液循環

 

 

痛みなど様々な症状は、心身が様々な状況・環境に適応しようとした結果として現れてきます。

 

 

わけも無く勝手に起こってきたわけではありません。

 

姿勢が崩れる要因、筋肉が硬くなったり血液循環がスムーズにいかなくなる要因が必ずあります。

 

それは日常の姿勢や偏った体の使い方かもしれませんし、過去の怪我が影響しているかもしれません。

 

そういう身体的なものだけでなく、精神的なストレスが何かに影響しているのかもしれません。

 

その要因は一人一人違います。

 

*原因不明の症状があると、すぐに「ストレスが原因」と言われたりしますが、ストレスそのものが重要なのではなく、何らかのストレスがどこにどう影響しているかが重要です。

 

 

 

例えば、肩こりや腰痛は経験したことが無い人はいないほど多くみられる現象です。

 

花粉症などのアレルギー症状で悩んでおられる方もクラスや職場に何人もいらっしゃると思います。

 

そんな「一般的」と言えるような肩こり、腰痛、花粉症などでも、それを引き起こしている要因はお一人お一人で異なります。

 

そんな積み重なった要因を一つ一つみながら治療に取り組んでいます。

 

 艾&線香~艾ってけっこう良い香りなんです~

 

 

 

【どんな施術?】

当院の施術は「鍼灸」「カッピング」「手技療法」の3つ。

 

東洋医学や東洋的な考え方をベースに治療していきます。

 

 

この3つの治療方法を組み合わせながら体質症状に合わせて施術していくのが当院の施術の特徴です。

 

手技療法(しゅぎりょうほう)…整骨(せいこつ)、按摩(あんま)、指圧(しあつ)、マッサージなど手を使う治療の総称です。

 

 

当院で行う鍼灸・カッピング・手技療法は、日常の様々な要素によりバランスが崩れてしまった筋筋膜と血液循環を改善することを柱としています。

 

 

 

【不調のサインって?】

今かかえている不調が肩こりでも腰痛でも、慢性であるほど痛みや痒みなどの不調がある場所とは「違う部分」まで筋肉が硬くなったり循環障害(血流が多すぎたり少なすぎたりする)が起こるなどの反応が現れてきます。

 

特に首・背中・腰などの背骨周りやお腹という「体幹」と呼ばれる場所は、いろいろな不調のサインが現れやすい場所です。

 

 

この「体の幹」となる部分を整えることで、全身もまた整ってきます。

 

 

また、体の「末端」である手足の指もリンパ液や血液などの循環の影響を受けやすく、体幹と同じく不調のサインが現れやすい場所となっています。

 

 

 

そんな「体の幹や末端」の不調のサインは「ツボ」としても現れてきます。

 

ツボは体表面に現れます。

*本来ツボは3D(立体的)ですが、見ても触れても最もわかりやすいのが体表です。

 

 

当院では血液やリンパ液など体液循環の改善ということをベースに、各所のツボを活かして体に働きかけながら筋筋膜骨格系のバランスを整えるように治療していきます。

*以上は、ベースになるとらえ方ということで、最終的にはお一人お一人の状態に合わせて治療方針も変わります。

 

 

 

【どんなふうに治療していくの?】

ご予約

ご来院

チェックシートのご記入をお願いしています。

問診をしながら治療へのご希望などをお伺いします。

お体のチェック

施術

施術後の確認、セルフケアのアドバイスなど

 

 

施術に入る前に、簡単な症状のチェックシートを書いていただき、問診、各種検査と進んでいきます。

 

 

問診では、症状などを確認しながら西洋医学と東洋医学の両面からお話をお聞きします。

 

その際に施術内容のご希望などもお伺いしています。

 

 

各種検査では、筋肉の緊張バランス、体の偏り、動きの偏りなどのチェックを行っていきます。

 

 

その後に、現在の体の状態をご説明しながら施術内容や施術方針のお話をさせていただき、実際の施術となります。

 

※問診やチェックは毎回行いますが、特に初診時は西洋医学・東洋医学両面からのカウンセリングや現在の体の状態を時間をかけてチェックしていきます。

 

実際の施術と合わせて1時間30分ほど必要です。

 

 

 

【自分ではどんな治療が良いかわからないのですが?】

「私には鍼が良いですか?」

 

「これまでマッサージしか受けたことがないのですが」

 

「お灸が好きなんですけど」

 

そんなご相談はとても多いです。

 

 

ご来院されている方の施術内容は様々です。

 

約8割の方が当院にお任せ、約2割の方が施術内容のご希望があります。

 

 

施術内容は体質や症状を踏まえて私からもご提案していますが、問診の際に必ずご希望もお伺いしています。

 

後は実際に施術しながらお身体の様子をみて、施術内容を適宜調整しています。

 

 

 

【鍼は苦手だけど大丈夫?】

当院で初めて鍼治療をお受けになられた方々は

 

「初めてなので心配でしたがぜんぜん平気でした」

 

と言われます。

 

 

「なんとなくイメージで鍼は苦手だけど、、、でも鍼治療を受けたい(受けてみたい)」という方は多いです。

 

と言いますか、ご来院された方の6割くらいはそんな気持ちを抱えつつ当院にお問い合わせいただいた方々です。

 

 

初めてだから何となく不安だけど。。。

 

と感じられている方には、1mmほどごく浅く打つ鍼法円皮鍼接触鍼という手法を用います。

 

 

円皮鍼は、長さ0.3ミリという非常に短い鍼で無痛の鍼ですので、赤ちゃんや痛みに敏感な方でも大丈夫です。

 

接触鍼は、鍼を刺さずにそっと静かに皮膚に当てていく手法です。

 

 

鍼灸の長い歴史の中で、様々な状況に合わせていろいろな手法が生み出されています。

 

もちろん、無理に鍼灸治療をすすめることはありませんし、手技療法のみで治療することもあります。

 

 

 

【鍼治療は痛み止めなの?】

単純な痛み止めではなく、体を良い方向へ変えていくために行います。

 

ただ、今現在痛みなど何らかの症状でお困りの方にとっては、今ある痛みなどのつらさを改善することが最も大切だと考えています。

 

まずは今無くしたい症状を改善するのが最優先です。

 

 

翌日が試合なんです。

 

絶対仕事が休めないのですが。

 

なのに、痛くて、、、。

 

 

急な怪我やぎっくり腰などで、そんな経験をしたことが誰しも一度はあると思います。

 

痛みが強い場合はまず痛みを解消することを目的に鍼灸治療を行います。

 

 

しかし、それだけでは一時的に痛みが改善したとしても、いずれ痛みが戻ってきてしまいます。

 

半年、一年後に再度ぎっくり腰になってしまった。。。

 

そんなことがないように、次の段階として、体を根っこから変えていくことが大切です。

 

 

 

【お灸は熱くないの?】

お灸のすえ方は様々で、熱く感じるお灸もあります。

 

ただし、当院で行うお灸のほとんどは灸頭鍼、知熱灸、八分灸、隔物灸、台座灸と呼ばれる熱くない灸法です。

 

 

どれもジーンとした温かさの余韻を感じる程度の温感で、熱く感じるほどの灸法ではありません。

 

鍼もお灸もツボに作用させるのが目的です。

 

熱ければ効くというものではありません。

 

 

チクッとした熱さを感じるお灸は透熱灸という手法です。

 

透熱灸は基本的に熱さを感じる灸法ではありますが、お灸体質や冷えが強い方は「熱いけど気持ちいい」とおっしゃいます。

 

 

要は適材適所臨機応変ということです。

 

*透熱灸はご希望の方のみ行っています。

 

 

 

【カッピングは痛いの?】

痛みは感じません。

 

カッピングを行うと、数日間だけですが青アザのような丸い吸いあとがつくことがあります。

 

最近はSNSでカッピング治療の様子や吸いあとを公開する野球選手や水泳選手が結構いらっしゃいます。

 

肩まわり背中のカッピングの様子がよくアップされています。

 

そういった投稿を見たり、青アザと聞くと「痛いの?」と思ってしまうのも当然です。

 

 

カッピング治療の実際は、マッサージとストレッチが混ざったような、カッピング独特の感覚です。

 

伸ばされるように感じたり、押されるように感じたり、その時その場所の状態によって感じ方は変わります。

 

もちろん、お一人お一人の皮膚や筋肉の状態に合わせて空気圧(吸引圧)を調整しています。

 

 

 

【カッピングは吸いあとがつく?】

カッピングを行うと、一時的に皮膚に丸い吸いあとがつくことがあります。

 

*全くつかない場合もあります。

 

 

たまにテレビやSNSへの投稿などでスポーツ選手(相撲や水泳など)の肩や背中に丸いマークみたいな吸いあとがついている光景を見ることがあると思います。

 

この吸いあとのつき方は、ほとんど見えないくらいの跡しかつかない方からクッキリ見える方など個人差がとても大きいです。

 

吸いあとの色にしても、薄い赤色、紫に近い色、青味がかった色、黒っぽい色、赤黒い色など個人差が大きく出ます。

 

また、お一人の治療の中でも、吸いあとが着く場所と着かない場所があります。

 

 

この個人差は、その場その時の体の状態や体質が影響しています。

 

吸いあとは、早ければ3日、通常7~10日ほど、長くても14日ほどで必ず消えます。

 

また、治療を重ねていくと、徐々に吸いあとがつきにくくなり、消えるのも早くなっていきます。

 

 

 

【これまでマッサージや指圧を受けてきたが、元に戻るんだけど?】

大切なのは考え方・やり方です。

 

よく

 

「マッサージより鍼治療の方が効きますか?」

 

とご質問を受けますが、それはケースバイケース、または目的の違いです。

 

どんな症状に対しても〇〇という治療法が良い、というようなことはありません。

 

もしそうなら、これほど様々な治療法が世の中に生まれなかったでしょ。

 

 

マッサージ、指圧、按摩などの手技療法が他の施術方法に劣っているわけではありません。

 

適切な場所に適切なやり方で行えばはっきりと効果を実感できます。

 

 

また、按摩や指圧、マッサージを鍼灸やカッピングなどと組み合わせて行うことで、安定した治療効果を出すことができます。

 

 

 

【痛い方が効く気がするけど?】

治療効果において、力の強さや鍼の本数などは関係ありません。

 

強くマッサージしたから効くとか、たくさん鍼を打ったから効くとか、熱いお灸ほど効くということはありません。

 

 

これまで痛みを強く感じるような鍼治療やマッサージを長く受けてこられた場合、何となく痛い方が効くような気がするかもしれません

 

痛いと効く気がするという意識は、私も鍼灸治療や手技療法を受けたことがある一人として経験があります。

 

特に肩こり感を強く感じておられる方は、強く圧したりゴリゴリマッサージをしてもらいたくなるものです。

 

 

「痛いのを我慢して治療を受ければ効くはず」

 

という思いがある場合もあります。

 

それが人情ですよね。

 

 

確かに、生理学的な仕組みから考えても、強い痛みを起こすと他の弱い痛みを抑制することが説明できます。

 

ただ、痛みを抑制するためには弱い刺激でも抑制できることも分かっています。

 

このように相反するような仕組みが体の中には無数にあります

 

 

力として弱い刺激でも同じ目的が達成できるならそちらを選びますし、強い刺激が必要であればそちらを選びます。

 

重要なのは、単に強い弱いとか痛い痛くないということではありません。

 

お一人お一人違うわけですから、お一人お一人判断していくことが大切です。

 

 

 

【妊娠中や出産後、授乳中に鍼灸治療やマッサージを受けても良いの?】

妊娠・出産に限らず治療の際は細心の注意を払って施術しておりますので、ご安心ください。

 

授乳中についても、鍼灸治療や手技療法などは薬剤を使わず体調を整える方法として自信を持っておすすめしています。

 

 

治療中の姿勢は、基本的にご本人が楽な姿勢で行っており、特に産前(妊娠中)の場合は、お腹の緊張が最もゆるむ姿勢で治療しています。

 

 

妊娠中の治療例:悪阻(つわり)、食欲不振、頭痛、肩こり、妊娠後期に増えてくる腰痛、逆子、浮腫、不眠、湿疹吹き出物、元々あった花粉症やアトピー性皮膚炎などの悪化など日常のトラブルへの対策

 

 

授乳中の治療例:産後の腰痛や骨盤調整、腱鞘炎、不眠、疲労倦怠感、母乳の出を良くするため(手と背中のツボを使います)、その他体調不良など

 

 

 

【ぎっくり腰の治療は鍼?治療は何回?】

治療は1~2回くらいです。

 

治療方法としては、鍼治療のこともありますし手技療法のこともあります。

 

ご希望の治療方法で対応可能です。

 

 

ぎっくり腰の痛みは1~2回で無くなりますので、ひとまずその段階で治療を終えます。

 

もともと慢性的な腰痛があった方は、ぎっくり腰の強い痛みが無くなり元の慢性腰痛の状態に戻ります。

 

この段階では慢性的な腰部の硬さは残っています。

 

体が安定するまで1~2ヶ月に1回程度の継続治療をオススメしています。

 

 

 

【ぎっくり腰は早く治療を受けた方が良いの?】

ぎっくり腰で鍼灸治療や手技療法を早期に受ける目的は2つです。

 

一つは、早急に痛みをとるため。

 

もう一つは、再発を予防するため(身体の状態を良くするため)。

 

 

初めてぎっくり腰を経験した方は、その強い痛みから「これは大変なことになった」「いったいいつ治るのか」「治らないかもしれない」と心配に感じられる方が少なくありません。

 

しかし、心配はいりません。

 

ぎっくり腰の痛みは、特に治療しなくてもほとんどの方が数日間で痛みが軽減し動けるようになってきます。

 

痛みが非常に強いケースでも、徐々にであっても痛みは改善していきます。

 

そのため病院では湿布や鎮痛薬が処方されて安静が指示されることが多いのです。

 

 

*過度な安静を避け、動ける範囲で動いていた方が痛みが長引かず回復が早まることが研究により証明されています。

 

そうは言っても、痛いのを我慢して動くのはつらいです。

 

学校や仕事は待ってくれないため、どうしても痛みを我慢し動かなくてはならないことも多くなります。

 

そのつらさは私自身の腰痛骨折の経験から分かります。

 

 

そういう即座に痛みを取りたい時のためにも鍼灸治療や手技療法があるのだと思っています。