鍼(はり)

鍼治療は当院の軸となる治療です。

 

その場しのぎではない、身体を根っこから変える鍼治療の効果を感じていただきたいと思います。

 

そのために当院で行うことは2つ。

 

血液循環と自律神経を整える。

頑固な凝りと痛みをとる。

 

この2つを治療の柱としています。

 

頑固な凝りや痛みへの鍼治療はもちろん、それだけではない鍼のチカラを感じていただきたいと思っています。

 

 

 総合施術

 

 

 

鍼はいつから?

 

古くは「石」を用いたのが鍼治療の始まりとされています。

 

実は、世界で初めて鍼治療が行われたのがいつなのかはよく分かっていません。

もしかしたら当時の鍼は石ではなく木や竹や粘土などであったかもしれませんが、現存する古代の遺物から推測するしかないため確かなことはわかっていません。

 

現在、ある程度体系的に鍼治療について記された資料で最古のものは中国で出土したものです。

それもあり、鍼の起源は古代中国で2000年前頃、もしかすると更に古い時代だと考えられています。

 

日本では、600年代には鍼治療が行われていたようです。

日本へ鍼治療が伝わったルートとしては、中国→朝鮮半島→日本のようです。

残念ながら当時の資料が現存していないため、どういう治療だったのかはわかっていません。

日本最古の医学書とされる『医心方』が編纂されたのはそれより数百年後ですが、そこには様々な治療法とともに鍼治療にかなりの量を割いて書かれています。

 

 

 

現代の鍼は?

 

現在はステンレス製の鍼が最も多く用いられています。

当院で用いている鍼もステンレス製が中心です。

他には、金、銀、銅、鉄、真鍮、アルミニウム、プラチナ、チタン、樹脂などから作られた鍼もあります。

 

よくネット上で見かける美容目的の鍼のように刺す鍼と、小児などに対して用いるような刺さない鍼があります。

刺さずに使う鍼はもともと刺さらない構造のものも多く、様々な形のものがあります。

初めて見た方は「これも鍼なの?」と感じられるようなものもあります。

 

変わった使い方をするものに円皮鍼(えんぴしん)があります。

別名、置き鍼(おきばり)と呼ばれたりもします。

1ミリ前後の極小の鍼を、テープで皮膚に貼り付けて使います。

当院では、円皮鍼をセルフケアによく処方しています。

 

鍼のほとんどは機械化された大規模工場で製品化されますが、現代でも職人さんが一本一本作る鍼があります。

優れた職人さんが作るものは他では代用が利きません。

本当に有難いことだと思います。

 

 

鍼治療ってどうやるの?

 

鍼治療は「鍼をうつ」「鍼をふれさせる」ことを通して身体を変え、様々な症状・疾患・体質などにアプローチしていきます。

鍼を用いた瞬間から身体は変わっていきます。

 

ただし、鍼治療には世界共通の「これだ!」というような決まった型がありません。

一応は標準化された方法も存在しますが、鍼治療は「鍼を用いる」ということしか共通点が無いと言っても良いほどに多様です。

特に日本ではその傾向が強いようです。

 

はり師によって、また患者さんの体質・症状・ご希望などにより、用いる鍼の種類、鍼の打ち方、鍼を打つ場所、治療時間、、、様々です。

同じ人への鍼治療だとしても、毎回同じ内容になることはまずありません。

 

その場その時で症状も体も変化しています。

 

それに合わせて鍼の用い方も変わります。

 

 

鍼治療って痛いの?

 

様々な鍼の手法がありますが、当院で行う鍼治療は可能な限り痛みを出さないような手法を用いて注意深く行っています

 

たまにチクッとすることがありますが、蚊に刺されたくらいだと表現されることが多いです。

 

また、鍼治療には、痛みとはまた違う「ひびき」と言われる独特な感覚があります。

 

グーッとくる感じ

ジーンとする感じ

ほわーっとする感じ

スーッとする感じ

チリチリする感じ

ピクピクする感じ

 

などなど。

 

ひびきの反応は様々ですし、人によって表現の仕方もいろいろです。

そういう鍼独特のひびきは調整できますので、随時確認しながら治療をすすめていきます。

 

 

鍼治療はどんな効果があるの?

 

◉硬くなった筋肉をやわらげ関節の動きを改善する筋骨格系への作用。

◉痒みやアレルギー症状など免疫機能への調整作用。

◉リラックス効果や内臓の働きを調整する自律神経への調整作用。

◉血液・リンパ液などの流れを整える体液循環への調整作用。

◉ホルモン分泌に作用する内分泌への調整作用。

などが鍼の作用として言われているところです。

 

 

ツボ・経穴

 

鍼治療ではツボの作用がとても重要です。

 

ツボは経穴(けいけつ)などとも呼ばれます。 

 

・腰痛には〇〇(例えば腎兪、養老、大腸兪、崑崙など)

・肩凝りには〇〇(例えば風池、天柱、合谷、天井など)

・花粉症には〇〇(例えば四白、合谷、太陽、天枢など)

・逆子には〇〇(例えば三陰交、至陰など)

 

などと言われたりもします。

 

手や足のツボを治療して肩こりや腰痛、花粉症や逆子などに効果があると書かれていても「ホントなの?」と感じる方もいらっしゃると思います。

 

これ、本当なのです。

 

ただし、肩こりと一言に言ってもお一人お一人状態が異なりますので、使うツボやその使い方も変わりますし、効果にも差があります。

 

ツボの研究報告は沢山ありますが、ツボが作用する根本的なメカニズムはまだまだ解明されていません。

しかし、現実に鍼灸治療でツボと毎日向きあっていると、鍼灸師ながらその奥深さに驚くことが多々あります。

 

ツボに鍼灸治療を行った場合のホルモン分泌の増加、血流量の変化、自律神経の反応、筋肉の変化などを研究した論文は多数あります。

しかし、まだまだ謎の多い分野です。

だからこそ面白い分野でもあります。

 

実は、それぞれのツボの作用を知らなくても鍼灸治療はできます。

 

ツボという概念を全く無視して行う鍼灸治療の考え方もあります。

 

しかし、、、

 

様々な不調や変化が現れるツボ

 

ツボを介してみえてくる身体のつながり

 

それは、とても奥深く、鍼灸治療に不可欠なものだと私は感じています。

 

 

他の治療との組み合わせ

 

鍼治療単独で行うこともありますし、他にお灸やマッサージ、カッピングなどを加えて総合的に治療を組むこともあります。

 

これは、私だからとか現代だからというわけではなく、古代からそうなのです。

 

鍼治療が良いのか、灸治療が良いのか、指圧が良いのか、あるいは体操や運動などが良いのか。

その場、その時、その人に合わせて考えられてきました。

 

これは、西洋だろうと東洋だろうと関係ありません。

 

その人にとって何が必要でどうすればよいのかを考えて実行していくことは全ての医学に共通することです。

 

身体が必要としていることを行う。

 

当たり前のことですが、これが一番大切なことだと考えています。

 

 

 

 

ご予約・お問い合わせ

電話:044-742-2345

ご予約・お問い合わせフォームへ