逆子のお灸

逆子からの復位を目的としてお灸とマッサージを組み合わせな治療を行っています。

 

妊娠中の外出は一苦労です。

結果を追求する鍼灸院として、少ない通院回数、逆子への効果だけでなく身体そのものが楽になる治療を行っています。

 

 

 

逆子のお灸 

 

胎児の位置・姿勢

 

通常、子宮内の胎児は「頭が下・お尻が上」という状態で出産を迎えます。

 

この状態を頭位と言います。

 

子宮の出入り口付近にに胎児の頭がある状態です。

 

この頭位の状態で「頭から産まれてくる」ということになります。

 

この「頭位」がスムーズに出産が進みやすい状態とされています。

 

 

それとは逆に、お腹の中での胎児の位置関係が「頭が上・お尻が下」というような状態のことを逆子(骨盤位)と言います。

 

逆子にも、手足の位置で様々な状態がありますが、基本的に頭が上になっています。

 

*純粋な逆子とは若干異なりますが、胎児がお腹の中で横に寝ているような状態を横位と言います。この場合も逆子のお灸として治療を行っていますが、治療内容が少し変わってきます。

 

 

 

なぜ逆子になるの?

 

逆子になる原因はいまだ解明されていません。

 

臍帯が短い、骨盤が狭い、胎盤の位置、子宮の形態、羊水の量などが逆子の原因として指摘されることもありますが、それらの原因が特定できない方の方が圧倒的多数です。

 

また、逆子の原因として足の冷えが指摘されることがありますが、私は「足の冷えと逆子は関係ない」と考えています。

 

 

確かに、逆子のお灸でご来院される方をみていると足の冷えを感じる方もいらっしゃいます。

 

しかし

 

・医師の検診で特別な異常がない

・ご本人も冷えを感じることがなく実際にお腹や手足も温かい

・食事バランスに気をつけている

・冷たい飲食物は極力避けている

・運動は充分している

 

という方も少なくありません。

 

 

言うまでもなく、上に書いたようなことは健康上大切なことです。

 

ただ、逆子の際にその考えに縛られるのは良くないのではないか。

 

そう感じます。

 

その考えにとらわれすぎて、悩みに悩んでいる方をたくさんみてきました。

 

 

将来的に逆子の原因が科学的に解明される日がくるかもしれませんが、現段階の医学では逆子の原因はひとまず「不明」とされています。

 

 

 

経験から考えるお灸

 

原因はわからなくても「結果」ということで考えると可能性がみえてきます。

 

お灸1回で冷え性が根本的に改善することはありませんが、1回のお灸で逆子が復位することはたくさんあります。

お灸をしている最中に胎動が盛んになったり逆子が頭位になることもあります。

 

また、逆子のお灸当日(お灸の最中、施術直後、当日の夜)に、ほとんどの方で胎動が盛んになります。

 

特定のツボにお灸をすることで子宮の血流が増えることが分かっており、この作用が良い影響を与えると考えられています。

 

逆子の原因は特定できないとしても、できることがあります。

 

 

 

逆子のお灸はいつから?

 

逆子のお灸は28週頃に始めます。

 

当院でも、可能ならば26~28週頃からお灸治療を始めますが、現実にはお仕事の関係(産前休暇などのご予定)や様々な事情から30~32週に開始することも多いです。

 

その時のお腹の状況によってはもう少し遅い時期から始めることもありますし、何らかの理由により37週などギリギリのタイミングに逆子のお灸を開始することもあります。

 

 

早期に逆子の灸を開始する理由

逆子のお灸の開始時期として、逆子と診断されてからなるべく早期からお灸治療を始めることをおすすめしています。

 

胎児がまだ小さいうちは、スペースが充分で好きなように動けます。

 

そのため早い時期・週数ではお腹の中でグルグルよく動く姿がエコーで見られます。

 

しかし、胎児の成長とともにスペースは狭くなり羊水の量も減ってきます。

 

そうなるとママさんのお腹も張りやすくなりますし、胎児が自由に動くのは難しくなってきます。

 

そのため、できるだけ子宮内のスペースに余裕がある早い時期からお灸治療をはじめることをおすすめしています。

 

ただ、、、35週や37週でもあきらめる必要はありません。

 

ギリギリのタイミングでも頭位に復位することはよくあります。

 

逆子のお灸は、その1回1回がチャンスです。

 

 

 

どれくらいのペースで治療するの?

 

28~31週頃の方であれば、治療ペースは気にしなくても大丈夫です。

 

お仕事や検診などの予定を考慮しつつ、相談しながら日程を組んでいきます。

 

おおよそのペースとしては、週1回です。

 

産科で頭位を確認した時点で治療終了となります。

 

 

 

実際の逆子のお灸ってどんなの?

 

当院で行っている逆子のお灸は、あお向け・横向き・座位(座り姿勢)など、その方の状態に合わせて行います。

 

 

まず、あお向けか横向きで治療し、最後に座った姿勢で治療します。

 

既にお腹が大きくあお向けがつらい場合や、腰が痛くてあお向けはつらいという場合は、横向きで治療します。

 

お灸をすえる場所はお一人お一人違いますが、当院では少ない方で4箇所、多い方で8箇所ほどです。

 

その方の状態によってお灸をすえる場所やお灸の数などが変わります。

 

 

マッサージの併用

当院では、逆子のお灸とともにマッサージを併用しています。

マッサージは首から背中にかけて行います。

妊娠中は、お腹が大きくなるとどうしても呼吸が浅くなってしまいます。

その呼吸状態の改善がマッサージの目的です。

 

 

逆子のお灸のツボは?

 

逆子のお灸で最も用いられるツボは至陰(しいん)というツボで、次いで三陰交(さんいんこう)というツボがよく使われています。

 

当院でもよく使うツボです。

 

この2つのツボは逆子のお灸だけでなく婦人科症状全般に効果的で、産前産後の様々なトラブルにも有効なためとても有名なツボです。

 

鍼灸師で知らない人はいないツボで、ネット上でもよく見ると思います。

 

その他のツボとして、命門、期門、腎兪、太渓、照海、大敦、太衝なども使うことがあります。

 

その方の状態に合わせてツボも変わります。

 

 

 

逆子のお灸は熱いの?

 

当院で行う逆子のお灸は、ジワーっと熱が伝わってくるようなお灸を用います。

その時の状況により少し熱いお灸を行うことがありますが、ほとんどの方は温感程度のお灸です。

 

 

 

なぜ逆子が頭位になるの?

 

様々な研究により、特定のツボへの灸治療や鍼治療により子宮動脈や臍帯動脈の血流が増加することが分かっています。

 

また、お灸治療後に胎動が増加することも分かっています。

 

逆子のお灸では、この「胎動の変化・増加」が最も重要だと考えています。

 

  

ほとんどの方で、治療中や治療後に活発な胎動があったり、治療当日の夜に胎動が活発化することがみられます。

 

子宮の血流が増加し胎児の動きが活発に起こる中で回転すると考えられます。

 

 

逆子の治療では体操したりお灸をしたりしますが、それはあくまで赤ちゃんの応援をするようなものだと私は考えています。

 

お灸の力でも誰の力でもなく、最後は赤ちゃん自身の力で頭位になる。

 

逆子のお灸を通して多くのママさんや赤ちゃんとお会いしていると、つくづくそう感じます。

 

 

 

治療するときの服装は?

 

膝下~足首が出せればどんな服装でもかまいません。

 

治療院にある治療着を使っていただいても良いです。

 

*もしお持ちであれば、妊婦さん用の骨盤ベルトや腹帯、サラシなどをお持ちいただければ着け方をアドバイスいたします。

 

 

 

逆子のお灸をした後は?

 

好きに過ごしていただいてかまいません。

 

お仕事に行かれても、散歩をしてもかまいません。

 

入浴も問題ありませんが、お灸の後に入浴する場合は1時間程度空けてから入浴するようにしてください。

 

 

 

セルフケアは?

 

治療時に、ご自宅で簡単に出来るお灸セットをお渡ししています。

 

お灸をすえるツボはお一人お一人違いますが、手足のツボ2~4箇所にご自宅でのセルフ灸を行っていただいています。

 

時間にして3分ほどです。

 

小さなお子さんがいる、煙が苦手、お灸をしていると飼っている犬や猫が寄ってくるなど、どうしてもお灸は難しいというような場合は、お灸以外のツボ療法で対応しますのでご相談ください。

 

その他にその時の状態に合わせた体操呼吸法をアドバイスしています。

 

 

 

逆子が頭位になったあとは?

 

おめでとうございます!

当院での治療は終了です。

あとは、、、のんびりとお過ごしください。

 

 

 

 

ご予約・お問い合わせ

電話:044-742-2345

ご予約・お問い合わせフォームへ