お知らせ

2016 / 05 / 09  07:02

坐骨神経痛の鍼灸・吸い玉(カッピング)・マッサージ治療

「お尻から膝が痛くて、、、」

 


整形外科で「腰から来ている痛みです、神経痛ですね」と診断された方です。



お仕事の関係で夜しか治療に行けないため、整形外科の通院を断念されたとのこと。

最近は整形外科のリハビリ時間も延びてきましたし土日の開院も増えました。

助かりますよね。

ですが、お仕事をされている方にとってはまだまだ厳しいのかもしれません。


 


さて、この神経の症状というものは不思議なものです。

ピリピリした軽い痛み感覚の場合やもっと激しい痛みの場合、痺れる感覚だけの場合など、その出方は個人差があります。

ただ、神経痛の鍼灸治療はシンプルです。

鍼灸の場合、手術をして神経周囲を剥離するわけでもありませんし、ヘルニアを除去できるわけでもありませんからね。

当院で行うのは、どこが症状を強くしているのか、どこが痛みに影響しているのかをみながら、じっくりその部位の筋肉をやわらげていくことです。

それは、ごく浅い部位かもしれませんし、身体の奥深い部位の筋肉かもしれません。

また、神経痛のほとんどは慢性症状としての痛みですから、当然全身の循環を良くすることも大切です。



 

今回は、全身調整としての鍼治療、首~腰までの脊椎周囲の鍼治療と吸い玉とマッサージ、下肢の鍼治療を行いました。

症状がほとんど気にならない程度に改善するまで4回の施術が必要でしたが、現在は疲れがたまったときに何となく足に違和感が出るというくらいになっています。

趣味の釣りにも行けるようになったということで私も嬉しいです。

いつか大物の写真でも見せていただこうかなと思っています。