お知らせ

2016 / 07 / 30  07:10

とっても痛い肉離れ~胸筋・前鋸筋・肋間筋など体幹の筋~

ここ最近、すごーく気になっていることについて。




【レッドソックス上原投手が肉離れ】

1週間ほど前に、レッドソックスの上原投手が胸筋の肉離れによりDL入りしたとのニュースが出ました。

今はPRPを終えたところのようですが、復帰に時間がかかる可能性が指摘されています。




ニュースの記事では胸筋の肉離れは滅多にないと書かれていましたが、軽度のものを含めると結構あります。

滅多にないというのは「メジャーリーグではあまりみられない」という意味だと思います。

 

私の治療経験で記憶に残っているのは、器械体操、陸上、ボディビル、水泳、野球、サッカー、バレー、柔道、剣道などの選手がいらっしゃいました。

 
*ニュースでは「胸筋」となっていましたが正確な筋肉名は不明です。おそらく大胸筋でしょうが、小胸筋なのか、鎖骨下筋などのマイナーな筋なのか、肩甲下筋前鋸筋などの裏側にある筋なのか。。。




【とっても痛い肉離れ】

胸筋、あるいはその他の胸部の筋肉の肉離れ、これは経験者しか分かりませんがホントにとっても痛いんです。

フクラハギの肉離れも激痛ですが、胸部の肉離れはそれとはまた違う苦痛があります。



私は高校時代に経験しました。

なんてことはない動作でやってしまいました。

素振りをしていたときに、腕を切り返した瞬間にタイミングがズレた感覚がありました。

要はギコチナイ動きでした。

その直後、

ギュッ

という感覚が胸部に起こるとともに鎖骨の下から脇腹にかけて痛みが起こり、それがどんどん強くなり呼吸しているだけでひびくほど。

完全に痛みがとれるまで1ヶ月くらいかかったと記憶しています。



実は、息子も似たような経験をしています。

その時も、息を吸っただけで痛みがある状態でした。



肋骨に付着する筋肉は呼吸を補助する役割もあります。

そのため、腕や肩の動作時だけでなく、呼吸時(特に胸式呼吸)にもひきつれるような痛みがあり深い呼吸ができなくなります。

これがまた痛くて不快ですし、呼吸が制限されるために不安感もつのります。




【前兆】

上原投手が怪我をした試合を見ましたが、イニング当初あるいはブルペンから何か不具合があったか、不調を感じていたのではないかという感じでした。

投球の合間にしきりに身体を気にするしぐさがみてとれます。


「しっくりこない」

「かたい」


そんな感覚があったのではないでしょうか。




【呼吸の大切さ】

胸筋、腹斜筋、肋間筋などの肉離れを起こす時は、それ以前に呼吸の乱れが出ていることがあります。

身体が充分にゆるんでいなかったり、蓄積した疲労があったり、他の怪我の影響など、要因はいろいろですが。



バランスよくゆるんだ呼吸ができているとそれだけで身体はゆるんできます。

特に、肋骨に付着する筋肉は呼吸の影響を受けやすく、良い呼吸をするだけでも肩こりや腰痛が軽減します。

反対に、呼吸が固くなっていたり変に力みがあり首肩の筋肉に頼る呼吸をしていると、身体はどんどん硬くなります。



ヨガや太極拳、その他の武道などでは呼吸の大切さがよく言われますが、それはどんな場面でも当てはまります。

日常生活でも、スポーツでも、仕事でも。



あまり意識されることがありませんが、健やかな生活にとって呼吸はとても大切です。

呼吸を整えるだけで長年の肩こりが軽くなるほど、身体にとって強い影響があります。

逆に、身体の状態が呼吸にも影響しています。




普段の自分の呼吸に、ちょっと気を配ってみること。

オススメですよ。

2016 / 07 / 25  07:24

夜に肩が痛くて目が覚めるんです~夜間痛のある五十肩に対する鍼治療とマッサージ~

このところ肩の痛みでご来院される方が多いです。

 

それは季節の関係も。

 

 

 

【季節のこと】

いわゆる五十肩、特にこじらせている場合は季節や暑さ寒さの影響を受けやすくなっています。

この季節は冷え湿気暴飲暴食などの影響を受けることあります。

 

「クーラーで冷えた」

「湿気で体調不良」

「冷たい飲み物を飲みすぎた」

 

そんなことはありませんか?

 

 

 

【あきらめていませんか?】

ここ最近でご来院されたほとんどの方は「五十肩(または四十肩)」とかつて病院で診断された方々でした。

しかし、病院でのリハビリや注射を途中でやめてしまった方が半数以上。

 

途中でリハビリをやめてしまうのは五十肩の傾向としてあり、私の治療経験の中だけでも同じようなお話を何百回聞いたのか分かりません。

お仕事や家庭の事情で通院が思うようにいかないことはありますからね。

 

 

 

【変化に対応すべし】

五十肩の病態は変化します。

経過が長ければ長いほど、身体は初期の状態とは違ってきています

 

当然、治療方針も施術内容もそれに伴って変化します。

加えて、個々の体質も考慮して最終的な施術プランを立てます。

 

鍼治療がメインになるのか、吸い玉がメインになるのか、マッサージやストレッチがメインになるのか。

その時々で異なります。

 

大まかに言うと、どんなに痛みが強くても拘縮がほとんどない方であれば鍼治療とマッサージを組み合わせることが多く、浮腫が伴っていればカッピングを併用し、筋肉だけでなく関節そのものの硬さが強ければ動的なマッサージをメインに施術します。

 

 

 

【まずは痛みをとるべし】

五十肩の一番の問題は痛みです。

特に夜間痛が出ている方は寝るのもつらい。

そのために睡眠不足となり更に回復が遅れるという悪循環です。

 

腕が上がらないという症状も日常でとても困りますが、これは痛みがとれれば自然に上がってきます。

かなり拘縮(関節が硬く動きが悪くなった状態)が進んでいても、です。

 

痛みのために動かさなくなって更に拘縮が進むことの方が問題です。

 

特に何年も痛みが続いているケースでは、まずある程度痛みを改善しなければ拘縮もなかなか改善しません。

拘縮だけにとらわれると、痛みが改善するまで長い時間が必要になってしまいます。

 

拘縮と痛みは別問題と考えて治療を進めていく方が結果的に拘縮も早く改善されます。

 

 

 

【五十肩で夜間痛のあったケース】

主訴:腕が上がらない、夜中に肩が痛い

考察:オ血、ご本人はあまり気にされていないが約1年運動を制限していたため肩関節拘縮(屈曲130°など)があり、他覚的には強い肩背部の筋緊張もある。

施術:鍼灸、吸い玉、マッサージ

経過:1回目の施術で夜間痛は1/10に軽減。2回目の施術後に夜間痛は消失。現在、拘縮を改善するためセルフエクササイズをしながら1ヶ月に1回施術している。

2016 / 07 / 19  06:54

洗濯物を干してたら、、、ぎっくり腰の鍼治療

ホームページをリニューアルしました!

 

「もう夏だな~」

 

と思ったら、急に白く模様替えしたくなりまして。。。

 

あ、リニューアルではありませんが治療は年々進化しております。

 

その点は自信を持って進化と言えます。

 

 

 

さて、先日、早朝にお電話がかかってきました。

 

電話口からは悲痛な声、、、

 

「ぎっくり腰みたいで、、、今日、空いてますか?」

 

あまり時間を取れなかったのですが、、、ひとまず治療をすることに。

 

 

 

【ぎっくり腰のサイン】

突然きた激痛、ぎっくり腰、、、

 

痛みが出るのは突然ですし、多くのケースではギクッとなってしまった「瞬間」があります。

 

 

ただ、本当は「前触れ」があるんです。

 

 

ぎっくり腰を何度も繰り返して起こしている方は分かると思いますが

 

「ちょっと前からヤバイ感じだと思ってはいたんです」

 

「この感じ、嫌だな~と思ってはいたのですが、、、」

 

治療院でよくある会話です。

 

 

ちなみに、この「ギクッ」とした瞬間に強い痛みがあるとは限りません

 

変な感じがする程度の違和感だけの場合もありますし、「ギクッ」から数時間後に痛みを感じ始めることもあります。

 

 

 

【見落とされやすいサイン】

忙しかったり疲れているとぎっくり腰の前触れとして現れるサインに気づかないことが多いものです。

 

・首こりや肩こりがひどくなった

・腰がなんとなく不安定な感じがする

・足が張ってきた

・浮腫んできた

・お腹が張ってきた

 

などなど。

 

 

前触れは直接腰に違和感が出ない場合もあるため、前触れだと気づかないこともあります。

 

ご来院されていろいろとお話を聞いていく中で

 

「そう言えば、、、」

 

なんてことが多いです。

 

 

ぎっくり腰の前触れはその方の身体の状態、体質、身体の使い方、などによって一人一人違いますから、気づかなくても無理はありません。

 

ただ、ぎっくり腰を繰り返す方は毎回同じような前触れがあることが多いため、予防のためにもちょっと意識してみると良いでしょう。

 

 

 

【予防の考え方】

ぎっくり腰の予防のためには腰を傷めない身体をつくっていけば良いのですが、これには時間がかかります。

 

腰の筋肉を鍛えるだけではほとんど効果がありません。

 

最終的に痛めるのは腰だとしても、首の負担からくるぎっくり腰、腕からくるぎっくり腰、足からくるぎっくり腰、、、全身の状態を良くしていくのが大切です。

 

そのため、身体ができるまでの間の対策が必要になります。

 

 

本来はぎっくり腰の前兆が出る前の段階でセルフケアをしておけばぎっくり腰の芽をつぶすことができます。

 

このセルフケアはどの方法が良いということはなく、ご自分に合ったものでOKです。

 

ストレッチが好きならストレッチすれば良いですし、セルフ灸やセルフマッサージが好きならそれでOK。

 

セルフケアの内容よりも、気づいた時に早めに確実にセルフケアを行うということが大切です。

 

 

 

【身体の声に耳を傾ける】

ちょっと自分の身体の状態に意識を向かわせることで、サインに気づくことができます。

 

細かな予兆に気づかなくても

 

「いつもより身体が疲れているな」

 

「いつもより身体に負担がかかったな」

 

ということは感じる時があると思います。

 

 

この

 

「いつもより」

 

が大切です。

2016 / 07 / 07  06:25

身体をゆるめれば楽になる~PMS(月経前症候群)に対する鍼灸・カッピング・マッサージ

月経前になるとどうも体調が悪くなったりイライラしたり、、、

 

そんなことありませんか?

今日はそんな話です。

 

 

 

【PMS(月経前症候群)ってナニ?】

PMSは月経前症候群という日本語名の通り、月経が始まる約1週前ころから様々な不快な症状が起きてくる状態のこと。

 

月経前に現れる症状は、その内容や程度は個人差が大きく、ほとんど気にならない方から日常生活に支障が出るほどつらい症状が現れる方まで様々です。

 

数日間仕事が手につかない、、、

料理もできないほどつらい、、、

一日中寝て過ごしている、、、

痛み止めは10年来の友達、、、

 

そんな方もいらっしゃいます。

 

ご来院された方のお話を聞いていると、月経に対する恐怖心さえ伝わってくることがあります。

毎月やってくる苦しみ。

それでもなにくわぬ顔をして(顔に出さないようにして)出勤したり、子育てしたり。

本当に大変な生活を送られていらっしゃる方もいらっしゃいます。

 

 

 

【PMS(月経前症候群)の多彩な症状】

PMSの症状は多彩です。

 

例として挙げれば、

・イライラする
・怒りっぽくなる
・頭が痛くなる
・身体が重く感じる
・腰が痛くなる
・下腹が痛くなる
・お腹が張る
・乳房が張る
・吹き出物が出る
・肌荒れがする
・憂鬱になる
・泣きたくなる
・むくみやすくなる
・集中力がなくなる
・疲れやすくなる
・何となく落ち着かない
・肩がこる
・顔が火照る
・便秘になる
など

 

月経前でもこのような症状が全く無い方もいらっしゃいますし、お腹が張るだけの方も、症状が複数の方もいらっしゃいます。

また、症状の強さはその時々の体調も影響大です

そのため、吐き気止めや痛み止めなど複数の薬を常備されている方もいらっしゃいました。

 

 

 

【なぜ症状がバラバラなの?】

月経は女性特有の現象ですが、この月経に関係してホルモン分泌が変動することが多彩な症状を起こすことにつながっています

 

中学校や高校の保健体育などで月経の仕組みを学ぶときは、エストロゲンプロゲステロンなど4つか5つのホルモンしか出てきません。

確かに「月経」ということだけに的を絞ればそうなのですが、体内では実際にはもっと多くのホルモンが絡み合って作用しています。

 

月経に伴って起きてくる体調の変動に加えてもともと冷えやすい、ムクミやすい、乾燥肌傾向などといった体質も関係してくるために症状は個人個人で違ってきます。

 

 

 

【PMSの鍼灸治療】

PMSの鍼灸治療は三本立てです。

 

・お腹の血液循環を促進する施術
・全身調整のための施術
・症状別の施術

 

全身調整としての施術でも症状は軽減していきますが、それだけでは時間がかかってしまいます。

そのため、身体全体が整ってくるまでの期間はそれぞれの症状(頭痛や腹痛など)に対する施術も行うことで今まさにあるつらさに対応しています。

 

PMSの各症状には鍼灸治療が非常に効果的ですが、カッピングやマッサージを併用することもあります。

特にPMSの症状が強い方は足の緊張や浮腫が強くなっていることもあり、そういった緊張や疲労をとることでお腹の血液循環も改善します。

そんな時に鍼灸に加えてマッサージをよく行っています。

 

 

 

【月経前になると顔が火照って吹き出物が増えていたケース】

主訴:顔のほてり、吹き出物、お腹の痛み

考察:気滞血お

施術:鍼、吸い玉

経過:最初の3ヶ月は月経前に1回、月経終了後に1回の月2回施術。顔のほてりはまだ出るが、吹き出物は出なくなり、お腹の痛みは強い痛みは出なくなった。現在残っている肩こりの施術のためにご自分のペースでご来院されている。

 

 

【月経前から月経中にかけてお腹の激痛があったケース】

主訴:腹痛

考察:血お、*婦人科診察で異常無し

施術:鍼灸、吸い玉、マッサージ

経過:週1回のペースで施術。治療開始以降の2回目の月経時は月経前はほとんど痛み無し(月経中には弱い痛みが時々あった)。その後、徐々に治療間隔を空け現在1~2ヶ月に1回施術している。

1