お知らせ

2016 / 05 / 30  06:09

産後の骨盤ベルトはいつまでつける?

寒さを感じて目覚めると雨音。
 
沖縄が梅雨入りしたとたんにこっちでも雨が増えてきましたね。
 
この季節は暑かったり寒かったり湿っぽかったり、、、身体も大忙しです。
 
体調管理に気をつけましょう!
 
 
 
さて、出産後のママさんからよくご質問を受けることに「骨盤ベルト」の使い方があります。
 
数えたことはありませんが、出産直後に受けるご質問では一番多いかもしれません。
 
妊娠前や産前にご来院された方からはほとんどこの質問を受けますし、産後に初めて来られたママさんの中には「腰痛そのものよりも骨盤のことの方が気になる」と言われる方もいらっしゃいます。
 
 
 
 
【産後に使うのはどんなベルト?】
 
腰痛は産前産後のトラブルとしてはよくある症状です。
 
セルフケアとしては昔ながらのサラシ妊婦さん用の骨盤ベルトを着用することが一般的です。
 
サラシは締めるのにコツがあって慣れるまではピシッと決まらなかったりすぐズレてしまったりしますが、正しく使うとサポート力も高く保温効果もあるため時代遅れとバカにできない優れものです。
 
サラシを綺麗に巻きたい、サラシで効果を出したいという方は、ご来院時におっしゃってくださいね。
 
きっちりズレず、しっかりサポートできる方法をお伝えと、というか練習しましょう。
 
 
もしサラシはちょっと面倒という方は簡易的な妊婦さん用の骨盤ベルトでも代用できます。
 
骨盤ベルトもたくさん種類がありますが、産後のケアに適しているのは
 
「あまり幅が広くなくて、しっかりした素材のもの」
 
幅が広いタイプは、産前の骨盤や腰の形に合わせてデザインされているものがほとんどです。
 
産後はお腹がへこみ骨盤は広がった状態です。
 
幅が広いベルトは形状が合わず、すぐにズレてしまいます。
 
また、帝王切開でご出産されたママさんにとってもあまり幅広のタイプは縫合痕に当たって痛いことがあります。
 
産後は、骨盤の部分だけしっかりサポートする幅が狭いタイプがオススメです。
 
 
 
 
【どう使う?】
 
骨盤ベルトを使用するポイントは、腰ではなく骨盤をサポートするために使うということです。
 
骨盤が安定すれば自然と腰は楽になります。
 
ご来院時にチェックすると、骨盤ではなく腰にセットしていたり、骨盤の上よりにセットしていることが多いように思います。
 
赤ちゃんのお世話などしゃがみ動作が多いため、どうしてもズレやすくなってしまいますからね。
 
治療院でも着け方のコツをお伝えしていますので、ズレてきたかなと感じたら着けなおすようにしましょう。
 
*サラシの巻き方は言葉で説明するのが難しいです。巻いてみて、練習あるのみです。
 
 
 
 
【ベルトをセットする場所の確認】
 
①太ももの外側を、膝から上に向かってなでていくと丸い骨の出っ張りに触れます。これが「大転子」です。
 
②それを越えてさらに上になでていくと骨盤の縁の骨に触れます。ここが「腸骨稜」です。
 
骨盤ベルトは大転子と腸骨稜の間にセットします。
 
実際は①で大転子を見つけ、その骨の出っ張りにベルトの縁が当たるくらいの場所にセットします。
 
治療院で実際に試していただくと「思っていたより下なんですね」と言われることがほとんどです。
 
 
 
 
【いつまでつける?】
 
おおむね産後1~2ヶ月ほどです。
 
治療院ではこの間に骨盤が安定するようにエクササイズなどを行っていきます。
 
 
1~2ヶ月と開きが大きいのは、帝王切開のケースでは短い期間となることが多いからです。
 
帝王切開では恥骨結合部での痛みはほとんど起こらないため、1ヶ月くらいでベルトを外すことが多いです。
 
普通分娩のケースや恥骨結合部の痛みがある場合、腰が不安定な感じがする場合などは2ヶ月くらいは着けていただいています。
 
 
 
 
【つけすぎは良くない?】
 
ベルトやサラシを着けるのは産後2ヶ月ほどです。
 
ご来院されたママさんの中には「1年くらいつけっぱなしにしているんです」というようなケースもあります。
 
長期間使用されている方は、腰の痛みが続いているため使い続けている場合が多いです。
 
通常であれば2ヶ月ほどで骨盤は安定してきますので、その後に腰痛が続いている場合は不安定性ではなく他の要因も考えられます。
 
それは血液循環や筋緊張、睡眠不足などの影響かもしれません。
 
骨盤が安定した後はベルトを着ける必要はありません。
 
ベルトは骨盤周囲を圧迫するため、自然な状況ではありません。
 
徐々にベルトの使用時間を短くしながら、身体を慣らしていくようにしましょう。
 
ただ、ベルトを着けないと不安で、、、という方はベルトを着けた上でしっかり動くようにすればOK!
 
徐々にベルトを外して慣らしていくか、ベルトを着けてしっかり動きながら、ベルトやサラシが必要ない身体を作っていきましょう!!
2016 / 05 / 24  06:50

花粉症にそっくり、、、血管運動神経性鼻炎(鍼治療)

クシャミ、鼻水、鼻づまり、、、

 

こう聞くと、この季節にすぐに思い浮かぶのは花粉症などのアレルギー性鼻炎。

 

以上の3つの症状はアレルギー性鼻炎の3徴とも言われていますからね。

 

 

しかし今回のケースは違います。

 

「検査で花粉アレルギーは無いと言われて、、、血管のせいで鼻炎になっていると言われました」

 

血管運動神経性鼻炎の診断を受けた方。

 

 

血管運動神経性鼻炎、、、長ったらしい疾患名ですね。

 

鼻に限らず、血管の収縮と弛緩は自律神経がコントロールしています。

 

このコントロール機能が乱れた時に起こるのが血管運動神経性鼻炎とされています。

 

鼻粘膜の血管が拡張することで鼻づまりや鼻水、クシャミが誘発されます。

 

ただ、アレルギー性鼻炎などの他の鼻炎と血管運動神経性鼻炎が合併していることもあり、耳鼻科での診断も消去法になるようです。

 

 

この血管運動性鼻炎、あまり聞きなれない病名だと思いますが意外と多いんです。

 

薬による治療としては、耳鼻科やアレルギー科で抗ヒスタミン薬やステロイド点鼻薬(スプレー)が処方されています。

 

当院では鍼治療によるケアを行っていますが、ほとんどの方で良い結果が出ており、花粉症などのアレルギー性鼻炎よりも鍼治療に対する反応が早いようです

 

セルフケアとしては顔や頭部のセルフマッサージ手足の温灸をオススメしています。

 

セルフマッサージは、おでこ、鼻の周り、頭全体を優しくマッサージしていくのがコツです。

 

アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などの鼻症状緩和に有効ですのでお試しを!!



 

【血管運動性鼻炎(主に鼻水)のケース】
主訴:鼻汁、クシャミ、軽い鼻閉感と掻痒感
考察:肝虚
施術:鍼
経過:3回目の施術後からクシャミ・鼻閉感・掻痒感が軽減、鼻汁は少しずつ軽減し5回目の施術後にはほとんど気にならなくなったとのこと。

2016 / 05 / 20  06:54

足関節捻挫後の腫れと痛み(鍼灸・マッサージ治療)

・約6週間前に社内のレクリエーションで足首を捻った
・整形外科でシーネ固定2W
・固定除去後にリハビリ(運動療法)4W
・骨傷なし

 

すでに整形外科での治療は終えていましたが、腫脹痛みが残っておりました。

「来週末にゴルフの予定があるのでそれまでに痛みがひきませんかね」

「私が発案者だから休むのはちょっとね、、、」

とのお話でした。

かかっていた整形外科クリニックは受付時間に間にあわないから、、、ということでした。

 

 

痛みと腫脹がひくようにツボを選び鍼治療をメインにお灸とマッサージ。

1回目の治療で痛みはほとんど無くなり、腫脹がひくようにテーピングを行い治療を終えました。

腫脹も2回目の治療時には1/3ほどになっており、ゴルフシューズがはけそうだと喜んでいただけました。



 

捻挫の後はしっかり腫脹・浮腫をひかせることが大切です。



これは捻挫直後からのケアも大切です。

軽い捻挫での腫れは早期に消失しますが、Ⅱ度以上の損傷では長期に腫れが出やすく、靭帯そのものが治っていてもしばらく腫れが残りやすいです。

慢性となった腫れは靭帯損傷とはまた別物ですからね。

腫れをひかせることで痛みもとれやすくなりますし、疲労度も違ってきます。



さてさて、ゴルフの結果はどうなるか。

一日楽しく過ごせることを願っています!

2016 / 05 / 18  06:35

冷えからきた肩こり・頚部痛のお灸・マッサージ治療

昨日はよく降りましたね~



朝イチは杖をついてご来院される方でしたので、キャンセルしては?と電話を入れさせていただきました。



せっかく治療に来ているのに転んでしまっては本末転倒ですからね!





さて、冷えというのは単純なものですが身体には様々な影響があります

今回のケースでは、仕事の出張で出向いた先が予想に反して寒かったようです。

寒いとおもいつつ、寒さ対策もないまま1日我慢して仕事をしていたら、夜には首に痛みが出たとのこと。

 

「頭痛や熱は無いのですが、カゼでもひいたような感じです」

 

というお話でした。

 

 

お身体をみると、おっしゃる通り、カゼをひいた時のような張りが頚部に出ていました。

痛みが出てから丸1日経過していたにもかからわらず手足も冷えていました。

寒いのをよほど我慢されていたと思われました。

お話を聞くかぎりそのお仕事はかなり大きなプロジェクトですし、寒いなんて言っていられなかったのでしょうね。



 

特にこの季節は暑い日も多いため薄着になる季節。

予期せぬ寒さに身体がまいってしまったんですね。

特に、寒さを「我慢した」ことが痛みをこじらせた原因でしょう。



こういうことは屋内でも起こりますよね。

「出張先や旅行先で宿泊したホテルのクーラーが効きすぎていて」

という経験をされた方も多いと思います。



急な寒さにはタオルやマフラー、襟が高めの衣類などで首周りを保温するのが効果的です。

首の他に、手首(手袋)、足首(靴下)、お腹(腹巻き)を保温すると完璧ですが、見た目がちょっと、、、という方は下着に工夫を!

今は薄手で温かい下着が様々なメーカーから出ています。

折りたたむととても小さくなるので便利ですし、寒さ対策として非常に有効です。

夏でも出張の際にはお守り替わりに1枚あると良いですね!

相手が「冷え」ならお守りより頼りになります。



【風寒による肩こり・頚部痛のケース】
主訴:肩こり、頚部痛
考察:風寒
施術:お灸、マッサージ
経過:お灸施術中に頚部痛はほとんど感じなくなり、軽い肩こり感のみとなる。施術1回で症状消失。

2016 / 05 / 16  06:21

治療の考え方~身体の使い方の大事~

今日は私のこと。



高校生のころによく考えていました。

それは「身体の使い方」。



 

私は、高校生時代に自分の「腰痛」をどうにか治せないかいろいろと試しました。

 

私の腰痛の発端は交通事故

椎間関節損傷と椎間板損傷だったのですが、ほんと~に半端なく田舎での暮らしでしたので近所に整形外科も無く自分でどうにかするしかなかったんです。

車で1時間以上かかる整形外科に学生が通えるわけがありませんし、部活も休みたくなかったですからね。

当時はごまかしごまかしやってたな~と今でも思い出します。

*今でもMRIで見ると椎間板はボロボロですが、無痛です。



そんな私は身体の使い方ということに強い関心がありました。

小学生の頃には父親が持っていた空手の本を読んで一人で型の稽古をしていたくらいでした。

どういうふうに動かすと腰に痛みを感じるのかということから始まり、どう動かしたら腰が痛まないか、どう動いたら素早く動けるか、どんな動きが滑らかな動きなのか。。。

いろいろと考え、試したものです。

 

それは学生の間ずっと続き、今でもその習慣が残っています。

まぁ、習慣というか趣味みたいなものかもしれません。

そんな試行錯誤がこの業界に入ってから役立つとは思いもしませんでしたが。



 

日常の中での動き、身体の使い方によって負担がかかってくるところは変わります。

 

同じような仕事をしていても疲れたり傷めたりする場所は違いますよね。

 

例えば一日中パソコンを使うお仕事の方でも、姿勢から首の付け根に負担がかかっている方がいれば、マウスの使い方で肩に負担がかかっている方もいます。

同程度の視力だったとしても、目の疲労とともに頭痛が起こる方がいれば、目の疲労とともに首スジが痛くなる方もいます。

中には、何時間パソコンに向かってもほとんど疲れないという超人的な方もいます。



私の場合、痛みの治療の際は身体の使い方を考えつつ負担のかかり方や負担のかかる場所、痛みの原因などを探っていきながら治療を組み立てます。

個人の体質の関係もありますが、身体の使い方から出ているトラブルはとても多いですからね。

筋肉や皮膚の状態から身体の使い方のクセを判断するときもありますし、身体の使い方をみて筋肉や皮膚の状態を推測することもあります。

治療の中でこういうことを考えていくとき、これまで自分が考えてきたことが役立ってるな~と感じます。



 

何でも同じなのかもしれませんが、無駄なことはないのだと思います。

無駄に思えることでも、きっとどこかで活きてくる。

そんなふうに思います。

1 2 3