お知らせ

2016 / 05 / 30  06:09

産後の骨盤ベルトはいつまでつける?

寒さを感じて目覚めると雨音。
 
沖縄が梅雨入りしたとたんにこっちでも雨が増えてきましたね。
 
この季節は暑かったり寒かったり湿っぽかったり、、、身体も大忙しです。
 
体調管理に気をつけましょう!
 
 
 
さて、出産後のママさんからよくご質問を受けることに「骨盤ベルト」の使い方があります。
 
数えたことはありませんが、出産直後に受けるご質問では一番多いかもしれません。
 
妊娠前や産前にご来院された方からはほとんどこの質問を受けますし、産後に初めて来られたママさんの中には「腰痛そのものよりも骨盤のことの方が気になる」と言われる方もいらっしゃいます。
 
 
 
 
【産後に使うのはどんなベルト?】
 
腰痛は産前産後のトラブルとしてはよくある症状です。
 
セルフケアとしては昔ながらのサラシ妊婦さん用の骨盤ベルトを着用することが一般的です。
 
サラシは締めるのにコツがあって慣れるまではピシッと決まらなかったりすぐズレてしまったりしますが、正しく使うとサポート力も高く保温効果もあるため時代遅れとバカにできない優れものです。
 
サラシを綺麗に巻きたい、サラシで効果を出したいという方は、ご来院時におっしゃってくださいね。
 
きっちりズレず、しっかりサポートできる方法をお伝えと、というか練習しましょう。
 
 
もしサラシはちょっと面倒という方は簡易的な妊婦さん用の骨盤ベルトでも代用できます。
 
骨盤ベルトもたくさん種類がありますが、産後のケアに適しているのは
 
「あまり幅が広くなくて、しっかりした素材のもの」
 
幅が広いタイプは、産前の骨盤や腰の形に合わせてデザインされているものがほとんどです。
 
産後はお腹がへこみ骨盤は広がった状態です。
 
幅が広いベルトは形状が合わず、すぐにズレてしまいます。
 
また、帝王切開でご出産されたママさんにとってもあまり幅広のタイプは縫合痕に当たって痛いことがあります。
 
産後は、骨盤の部分だけしっかりサポートする幅が狭いタイプがオススメです。
 
 
 
 
【どう使う?】
 
骨盤ベルトを使用するポイントは、腰ではなく骨盤をサポートするために使うということです。
 
骨盤が安定すれば自然と腰は楽になります。
 
ご来院時にチェックすると、骨盤ではなく腰にセットしていたり、骨盤の上よりにセットしていることが多いように思います。
 
赤ちゃんのお世話などしゃがみ動作が多いため、どうしてもズレやすくなってしまいますからね。
 
治療院でも着け方のコツをお伝えしていますので、ズレてきたかなと感じたら着けなおすようにしましょう。
 
*サラシの巻き方は言葉で説明するのが難しいです。巻いてみて、練習あるのみです。
 
 
 
 
【ベルトをセットする場所の確認】
 
①太ももの外側を、膝から上に向かってなでていくと丸い骨の出っ張りに触れます。これが「大転子」です。
 
②それを越えてさらに上になでていくと骨盤の縁の骨に触れます。ここが「腸骨稜」です。
 
骨盤ベルトは大転子と腸骨稜の間にセットします。
 
実際は①で大転子を見つけ、その骨の出っ張りにベルトの縁が当たるくらいの場所にセットします。
 
治療院で実際に試していただくと「思っていたより下なんですね」と言われることがほとんどです。
 
 
 
 
【いつまでつける?】
 
おおむね産後1~2ヶ月ほどです。
 
治療院ではこの間に骨盤が安定するようにエクササイズなどを行っていきます。
 
 
1~2ヶ月と開きが大きいのは、帝王切開のケースでは短い期間となることが多いからです。
 
帝王切開では恥骨結合部での痛みはほとんど起こらないため、1ヶ月くらいでベルトを外すことが多いです。
 
普通分娩のケースや恥骨結合部の痛みがある場合、腰が不安定な感じがする場合などは2ヶ月くらいは着けていただいています。
 
 
 
 
【つけすぎは良くない?】
 
ベルトやサラシを着けるのは産後2ヶ月ほどです。
 
ご来院されたママさんの中には「1年くらいつけっぱなしにしているんです」というようなケースもあります。
 
長期間使用されている方は、腰の痛みが続いているため使い続けている場合が多いです。
 
通常であれば2ヶ月ほどで骨盤は安定してきますので、その後に腰痛が続いている場合は不安定性ではなく他の要因も考えられます。
 
それは血液循環や筋緊張、睡眠不足などの影響かもしれません。
 
骨盤が安定した後はベルトを着ける必要はありません。
 
ベルトは骨盤周囲を圧迫するため、自然な状況ではありません。
 
徐々にベルトの使用時間を短くしながら、身体を慣らしていくようにしましょう。
 
ただ、ベルトを着けないと不安で、、、という方はベルトを着けた上でしっかり動くようにすればOK!
 
徐々にベルトを外して慣らしていくか、ベルトを着けてしっかり動きながら、ベルトやサラシが必要ない身体を作っていきましょう!!