お知らせ

2017 / 02 / 18  22:25

風邪と腰痛

近隣ではかなり減ってきましたが、まだインフルエンザの流行が続いているようです。



さて、風邪をひいたときに腰が痛くなることがあります。

実は、風邪と腰痛はよくある組み合わせ。

もちろん治療すれば痛みはなくなりますが、治療しなくても風邪が治ると同時に腰痛も軽減していきます。



風邪は治ったけど腰の痛みは続いている、、、

という方はそれまでの積み重ねが多いのかもしれません。

それに、そういう時に風邪ってひくものですよね。

仕事の疲労がピーク、、、

最近体が固くなって、、、

風邪でも休めなくて、、、

積み重ねているものもいろいろです。

積み重ねたものをサッと下ろせれば話は簡単なのですが、なかなかそうもいきません。

少しずつ下ろしていく、、、

積まないようにかえていく、、、

しかないんですよね。



なんて、なんかえらそうなことを言って自分は出来てるかどうか分かりませんが、、、

振り返る時間は持ちたいと思っている今日この頃です。

2017 / 02 / 05  20:32

なんとなく

 

昨日、以前治療していたお子さんが来てくれました。

お母さんと妹と一緒に。

「なんとなく」

来たそうです笑

嬉しかったですよ~

何となくでも笑

いや、なんとなく、だからでしょうか。



しばらく見ないと、ずいぶん変わるものですよね。

話しぶりも大人っぽくなってて。

相変わらずやんちゃな感じがタップリと溢れていましたけどね。

「チリョーの日はよく眠れるんだよねー」

とか言ってたのを思い出しましたよ。



あの子がね~

感無量な一時でした。

2017 / 02 / 04  22:56

体づくりもいろいろ

体づくりって何でしょう?

筋トレ?

食トレ?



体が筋肉だけでできているならそれで良いですが、、、筋トレと言ってもいろいろですし。



ただ、いくら筋肉を増やしても食事に気を使っても怪我は予防できません

そりゃ筋肉は必要ですし、食事が重要なのは当然です。

中学や高校などなら、3年間という短期間で選手をあるレベルまで育成することを考えると筋トレにウェイトシフトすることも理解できます。

ただ、見た目の体や体力測定の数値だけでは計れないことが沢山あります。

スピード?

アジリティ?

クイックネス?

スタミナ?

もちろんそれも重要です。



でも、それらのトレーニングをしっかり積んできても。

丈夫そうに感じていた選手でも。

フォームが素晴らしいと言われていた選手でも。

痛みが慢性化して、、、よくある話です。



スポーツをしている限り怪我を完全に予防することはできません。

でも、そのリスクを最小限に抑える努力は必要です。

それを選手個人でできれば言うことはありませんが、現役の選手にとってはなかなかむずかしいことでもあります。

怪我の予防のためにやることが自分のパフォーマンス向上につながっているとは気づかないものですから。

競技を辞めてしまってから気づいたという話は数え切れず。。。

自分の心身を改めてしっかりと考えていく機会を持った人だけが気づくことがあります。



姿勢、食事、呼吸、循環、、、

これは専門的なことでもあり日常のことでもあります。

限られた練習時間で全てに取り組むのは大変ですが、自分一人でも取り組めることも沢山ありますよ。

1