お知らせ

2017 / 05 / 31  23:01

野球少年

先週から治療しいる左ききの野球少年(と言っても中学生ですが)、中学校の野球部で投手。

部活なので軟式ですね。

 

ここ1年くらいフォームの改良に取り組んでいたが、試せば試すほど調子が悪くなっているとのこと。

 

こういうこと、よくありますよね。

野球でなく他の競技でもよくあります。

 

 

治療云々の前に、

 

「元のフォームに戻してみたら?」

 

とお伝えしました。

 

えー!そんなアッサリと、、、

 

と感じる方もいらっしゃると思いますが、テキトーに言ったのではなく、ちゃんと考えあってのことですよ。

 

 

自分で考えてフォームをいじるのって楽しいものです。

 

試行錯誤してるのも楽しいんですよね、それで結果がついてきているうちは。

 

それならもっと良いフォームに!

 

この方が良い気がする、、、

 

もっともっと、、、

 

と、理想のフォームを追い求めます。

 

中学生投手は直球だけでなく変化球も入ってきますから、試したいことはどんどん出てきます。

 

で、いろいろ試す。

 

これが、止められなくなるんですよね。

 

勝つためには、上手くなるためには、レギュラーをとるためには、、、

 

 

いきすぎると、いつもフォームを変えていないと何だか落ち着かないと言う選手も出てきます。

 

 

もちろん、いろいろと試行錯誤するのは当然のことです。

 

負けたいと思ってプレーする選手はいませんから。

 

勝ちたいですよね。

 

そのために努力する。

 

小学生の低学年でも中学生顔負けに研究に余念が無い選手もいます。

 

 

今回の選手は、ちょっとフォームをいじり過ぎて無理をかけてしまったんですね。

 

球速と球種を追い求めて右投手のようなフォームを取り入れてしまったために、体が悲鳴をあげていました。

 

特に、球速を上げようとオーバー(もともとサイド)傾向が強まっていました。

 

基本的に右投手と左投手は違います。

 

何も教えてない小学生でも全くフォームが異なります。

(何も教えてないからこそ、ですけど)

 

 

 

普段の私なら、、、

 

「どんどん試せ!」

 

と言うところですが、今回はストップをかけたというわけです。

 

 

もうすぐ、中学校のほとんどの体育系部活で中体連の大会が始まります。

 

スッキリと大会に望めるよう私も頑張ります!

2017 / 05 / 23  00:15

鍼灸祭

先週末は、湯島聖堂鍼灸祭が執り行われました。

 

例年より少し参加者が少なかったかな、、、それでも会場は満員で立ち見もありという状況でした。

 

「祭」というと、御神輿の出る賑やかな祭を想像されるかもしれませんが、鍼灸祭はとっても厳か

はり師の体の一部とも言える「鍼」への感謝の気持ちをあらわし供養するという式典です。

折れてしまった裁縫などの針を供養する「針供養」が元になっています。

 

ディスポーザブル(使い捨て)の鍼だろうと何だろうと、この気持ちは忘れてはならないと思います。

 

鍼灸祭では、式典の後に講演も行われます。

今年は、長野仁先生福島哲也先生のお二方のご講演がありました。

普段は聞けないようなお話もあり、非常に多くの学びがありました。

お話を聞きながら自分の臨床と照らし合わせグルグル。。。

スッと腑に落ちることもあり、まだまだ修行が足りないな~と自分を感じることもあり、、、

これから時間をかけて咀嚼し、自分のものにしていきたいと思います。

 

鍼灸祭は、準備運営に携わる皆様のお陰で開催できています。

ご自分のお仕事がある中で、改めて時間をとり他のこともやるというのは本当に大変です。

その方々にも感謝ですね。

2017 / 05 / 11  23:50

逆子のお灸

たまーに、早朝に治療院の電話がなります。

 

9割方

 

「昨夜、足首ひねって、、、」

 

「今朝ぎっくり腰に、、、」

 

という緊急のお問い合わせです。

 

でも、先週末に鳴ったのはちょっと違うお電話でした。

 

 

 

お電話は、その前日に逆子治療でご来院された方からでした。

 

「昨夜、グルッとなった感じがしました!お腹の形も変わったみたいですし、きっと治ってると思います!」

 

というご連絡。

 

 

 

結果、今週の検診では、無事に頭位が確認されました。

 

一安心です。

 

朝早くにすみませんとおっしゃっていましたが、ぜーんぜんかまいません。

 

むしろ、ご連絡ありがとうございます!です。

 

 

 

出産分娩は、何事もなくても不安なものです。

 

だからこそ、不安な要素を限りなく少なくできたら、、、と思いながら逆子治療を行っています。

 

一人嬉しくなった早朝でした。

2017 / 05 / 06  23:01

変わる

GWも終わりましたね〜

 

あ、私は今日から仕事してます。

 

今月も頑張っていきますよ!

 

 

 

さて、GWが過ぎたということは新年度が始まり1ヶ月が過ぎたということ。

 

毎年のことですが、GW前後から学生さんのご来院が増えます。

 

多くは、部活に入り初めて本格的にスポーツに取り組み始めたという学生さんですが、経験者でも「部活はきつく感じる」という選手が多いです。

 

逆に、「部活は楽で、、、」という選手も僅かながらいますけどね。

 

陸上、サッカー、バレー、野球、バドミントン、、、

 

 

 

中学校や高校の部活に入り、初めて本格的にスポーツに取り組んだという学生さんは多いですよね。

 

あるいは、以前やっていたのとは違う競技に変わったとか。

 

未経験ということもあり、、、

 

疲労が体にたまっていくのを本能では分かっていますが、それにどうやって対処するかまだ分からない。

 

どのくらいの練習でどのくらい疲れているのかもよく分からない、、、

 

ということもたまに聞きます。

 

ただ

 

「今日もつかれた〜」

 

という感じかもしれません。

 

 

 

いや、本能では対処できるのかもしれません。

 

ですが、そうできなくさせるのが理性や環境というやつですよね。

 

そんな中で徐々に疲労が大きくなっていく。

 

そんなこともあります。

 

 

 

疲労は単に「たくさん走ったから」とか「たくさん筋トレしたから」という理由で蓄積されるわけではありません。

 

もちろん慣れもありますが、そうでないことも。

 

誰しも疲れはしますが、、、

 

たくさん走って、たくさん筋トレ!

 

でも、疲労がたまらない方もいます。

 

長く疲労が抜けない方もいます。

 

疲労が蓄積しやすい方は、練習量を落としても疲労がたまります。

 

 

 

部活の緊張感、姿勢、ペース、呼吸、、、

 

そんな要素が自分の中で解決できると疲労は確実に軽くなってきます。

 

練習により体も変わりますが、変わるのは体だけではありません。

 

いろいろと成長しています。

 

○○が成長したから、、、○○が変わったから、、、疲れなくなった。

 

一人一人当てはまることは違うでしょうが、、、

 

疲れが蓄積する要素は筋力や体力だけではないということ。

 

です。

 

治療して痛みがなくなる。

 

もちろんそれも嬉しいこと。

 

でも、疲れにくくなった、、、痛みが出なくなった、、、そんなふうに変わっていく選手をみるのも嬉しいことです

2017 / 05 / 01  13:38

お知らせ

ご来院の皆様には既にご案内しておりましたが、5月3〜5日はお休みをいただきます。

よろしくお願い致します。

 

5月2日 通常通り開院

5月3日 お休み

5月4日 お休み

5月5日 お休み

5月6日 通常通り開院

 

*2日は通常通り開院しておりますが、ご予約空き時間は午前10時〜のみとなっております。

6日のご予約空き時間は、9時30分〜または16時〜です。

1