お知らせ

2017 / 05 / 23  00:15

鍼灸祭

先週末は、湯島聖堂鍼灸祭が執り行われました。

 

例年より少し参加者が少なかったかな、、、それでも会場は満員で立ち見もありという状況でした。

 

「祭」というと、御神輿の出る賑やかな祭を想像されるかもしれませんが、鍼灸祭はとっても厳か

はり師の体の一部とも言える「鍼」への感謝の気持ちをあらわし供養するという式典です。

折れてしまった裁縫などの針を供養する「針供養」が元になっています。

 

ディスポーザブル(使い捨て)の鍼だろうと何だろうと、この気持ちは忘れてはならないと思います。

 

鍼灸祭では、式典の後に講演も行われます。

今年は、長野仁先生福島哲也先生のお二方のご講演がありました。

普段は聞けないようなお話もあり、非常に多くの学びがありました。

お話を聞きながら自分の臨床と照らし合わせグルグル。。。

スッと腑に落ちることもあり、まだまだ修行が足りないな~と自分を感じることもあり、、、

これから時間をかけて咀嚼し、自分のものにしていきたいと思います。

 

鍼灸祭は、準備運営に携わる皆様のお陰で開催できています。

ご自分のお仕事がある中で、改めて時間をとり他のこともやるというのは本当に大変です。

その方々にも感謝ですね。