お知らせ

2016 / 09 / 25  21:04

骨盤ってどうなの?~産後に続く腰痛の鍼灸治療とカッピング~

ちょこっとブログの記事を整理しました。


よく見たらカテゴリーが微妙な感じだったり

分類が難しいものがあったり

そんな記事がけっこう見つかったので。


まぁ

カテゴリーで分けるなんてホントはできないんですよね。

東洋医学の本分は病名で治療することではありませんからね。

「ひとり」を全部ひっくるめてみて治療していくわけですから。




さて


「出産後から腰痛が続いている」


とご来院された方。




助産師さんの指導を守ってきちんとベルトも着けて骨盤体操?をやられていたようです。

骨盤周りの筋肉も下肢の筋肉も比較的良好な状態でした。




産後に腰痛が起こると

すぐさま


「骨盤が、、、」


に考えがつながることがあります。



しかし

骨盤の形どうのより他の要因が強いケースも多いのです。


そして

骨盤は形よりも使い方が大切です。




慣れない育児に奮闘する中で、、、


上の子どものことも、、、


仕事の復帰も気になる、、、


子どもに挟まれ寝返りもうてない、、、


そんなお話もよく聞きます。




知らず知らずにいろんな負担がかかっています。



身体的にも

精神的にも



多くのストレスがかかってきますよね。




筋肉

筋膜

呼吸

姿勢

循環



思っているより表に現れてくることが沢山あるものです。




【産後から腰痛が続いていたケース】
主訴:腰痛
考察:起床時が最も痛い。日中も立ちっぱなしになると痛い。出産はスムーズだった。浮腫。
施術:鍼灸、カッピング、エクササイズ
経過:院内での治療ではカッピングと鍼をメインに、自宅で簡単なエクササイズ。日中の腰痛は治療開始1ヶ月ほどで無くなったが、起床時の痛みは軽くなるも残っていた。2ヶ月ほどで起床時の痛みも気にならなくなった。現在は育児の疲労のケアをしたいとのことで、1~2ヶ月に1回の治療を継続している。