お知らせ

2016 / 10 / 02  20:47

カッピング(吸い玉)はどこにやるのが効果的?

当院ではカッピングをよく用います。

逆子のお灸や小児はりの方には用いませんが、その他の方では7割くらいの方にカッピングを併用した治療を行っています。

そんなカッピングについてよく聞かれることに


「どこにつけるんですか?」


というのがあります。

施術前にカッピングの説明をしている時に聞かれることが多いです。




これは予約時に電話などで聞かれる時とはちょっと違う意味合い。



事前に聞かれる時は

「背中につけるんですか?」

「首にもやりますか?」

「跡はどのくらいで消えますか?」

といった意味で聞かれます。





カッピングをするときは、治療前にどのあたりにするかという説明をすることが多いです。

吸い跡が数日間つくことが多いですからね。

「他の人から見えるところはちょっと、、、」

という方もいらっしゃいますし

「プールに行く予定があるのであまり沢山跡がつくのは、、、」

という方もいらっしゃいます。

「もう、どこでも良いからどんどんやって(笑)」

という方が実は多いのですが。

どちらにしても、必ずご本人の了承を受けてから施術に入ります。






さて、施術中に聞かれる「どこに?」というのは


「カッピングをする場所の判断基準」


について聞かれていることが多いです。



「ツボにつけるんですか?」

「場所が決まっているんですか?」

「頭痛なのに腰にもやるんですか?」

「皆同じ場所ですか?」


というようなことです。




お答えとしては

「臨機応変」

ということになるのですが、、、



私がカッピングを行う際には


・皮膚の緊張と色調(張り具合、色、乾燥度合い、肌理、手術痕など)

・筋肉の緊張と硬結(動き具合、全体的な硬さ、部分的な硬さ、癒着など)

・特定のツボの作用


この3つを考慮してカッピングを行います。




カッピングの作用の中でも特に重要なのが、血液循環の改善。

というか、他のことはオマケみたいなもので、循環改善しかないと私は考えています。

どこにカッピングをすれば全身の血液循環により大きな変化を起こせるのか。

これを考えるために筋肉や皮膚の緊張をみたり、ツボをみていくわけです。

結果、コリや痛みがとれたり、身体が温まったり、呼吸が楽になるということです。



お一人お一人カッピングを行う場所は違います。

使用するカップの数も違います。

症状によっても違いますし、たとえ同じ人であってもその時によって場所が変わります。

体は日々変化しています。

たとえ自分では感じなくても。