お知らせ

2016 / 11 / 30  23:46

キャッチャーの投球動作と股関節の痛み~トレーニングと身体感覚~

今日は高校生キャッチャーに出ていた股関節の痛みについて。



キャッチャーは過酷なポジションです。

夏場の試合は猛烈な暑さに耐えなくてはいけませんし、冬場の基礎トレーニングは思い出すだけで脂汗が出る選手もいると思います。

練習でも試合でも、常にスクワットをしているようなものですし精神面での負担も大きいですよね。



そんな過酷なポシジョンのため、肩や肘だけでなく、膝や股関節など全身の故障が多いポジションでもあります。

長くキャッチャーを定位置にしている選手で、膝や股関節の痛みの経験がない選手はいないのではないでしょうか?



膝や股関節の負担はキャッチャー特有な姿勢の影響もありますが、スローイング時の足の使い方からの影響で痛みが出ることもよくみられます。

特に、上半身が強いとフットワークを使わずに投げてしまったり。

指導者からは素早いスローイングを繰り返し言われるのが当たり前ですし、自身の気持ちの焦りがそうさせることもありますよね。

現在では、試合でも練習でも捕球から投球、または二塁への着球までの時間を計測することもありますから、気持ちが焦るのも無理はありませんね。



*キャッチャーならまず右投げですから、そのつもりで書いていきます。



さて、キャッチャーとしてのフットワークが身に付いていないケースでは、体が開いたままスローイング動作に入ります。

この時は、主に股関節から上の力を使って投げています。

体が開いていても、左足と股関節がうまくリンクしていればまだ良いのですが、左足が利いていないと股関節の負担が非常に大きくなります。

*あまりいないタイプですが、左股関節よりも右股関節をうまく使って投げるキャッチャーもいます。



地面→足~膝~股関節~骨盤~脊椎~肩甲骨

と力がつながっていれば負担は分散されます。

これが股関節から始まってしまうと、股関節に負担が集中してきます。

股関節~骨盤~脊椎、、、となっていればまだ良い方で、、、

重心が後ろに残り、脊椎の機能が使えず股関節と肩甲骨に頼る投げ方になることも。

そうなると、今度は股関節の負担よりも肩関節の負担が大きくなります。

肩肘を傷めたことがあるキャッチャーは後重心になっていることが多いです。



キャッチャーならば様々なケースを想定してフットワークやポジショニングの練習をしていると思いますが、この時に足でしっかり地面を捉える感覚を養うことが大切です。

この地面を捉えることが無意識にできるようになるまで繰り返しやることです。

よく行われている片足で立って投球したり、四股のトレーニングをしたりすることも、ただ繰り返していたのではもったいない練習になってしまいます。

四股のトレーニングなども、単純な筋トレや股関節の可動域にだけ意識を置くのではなく、地面、足、肋骨(胸郭)、首、頭など全身に意識を送ることで地面と体がつながり腰と腹が座ってきます。

どんな単純に思える練習メニューでも、体の感覚を意識しながら行うと効果的な練習になります。



しっかり「立つ」ことがスポーツの基本ですからね。