お知らせ

2017 / 03 / 27  07:17

春先の汗と痒み

今日は雨模様。

 

ヒヤッとした空気に、早起きしてしまいました。

 

 

 

今日は寒空ですが、、、

 

春先は痒みが出やすい季節。

 

いろんな要素が関係しますが、暖かくなってくると〈〉も一つの要素になります。

 

夏場にたくさん汗をかいても何ともないのに、、、

 

そんな方もいらっしゃると思います。

 

 

 

汗と関係する皮膚症状に〈コリン性蕁麻疹〉があります。

 

コリン性蕁麻疹とは、汗をかくことでアセチルコリンが作用し蕁麻疹や痒み、チクチク感などの症状が現れます。

 

発疹は出ず、痒みや刺激感だけを感じることもあります。

 

名前は聞き慣れないかもしれませんが、似たような経験をされた方は少なくないはず。

 

すぐおさまることも少なくないので

 

「たまにこうなるんだよね〜」

 

というくらいで終わっていたりします。

 

 

 

コリン性蕁麻疹では、症状が強いと抗ヒスタミン薬などを用います。

 

あまり症状が強くなく日常生活の負担になっていなければ、少しずつ汗をかくようにしながら慣らしていくようにする指導が行われることが多いようです。

 

治療院で治療する際は、鍼灸でもマッサージでも、循環改善を第一に、少し汗が滲む程度に治療を行っています。

 

また、対症療法として、カユミに効果的なツボを使うこともあります。

 

 

 

実は、私も2回ほどそんなことがありました。

 

私の場合は単発ですぐに収まったため、当時は気にしていませんでしたが。

 

多忙による睡眠不足、それに運動不足も重なり出たのだと思います。

 

動いてはいましたが、汗をかくことは少なかったです。

 

知らず知らずに、汗をかけない体になっていたんですね。

 

当時は、そんなことにも気づかないほど自分を追い込みまくって仕事してましたからね。

 

睡眠時間は平均3時間くらい。

 

超人的な人ならそれでも良いかもしれませんが、私は凡人ですから笑

 

そんな状況で長く続けられるわけがありません。

 

 

 

これは、本当に人それぞれなので、私と同じようなケースの方もいらっしゃいますし、全く違うこともあります。

 

ただ、ご来院される方では、運動不足で日頃に汗をかいていないケースが圧倒的に多いですね。

 

ちょっとすると、夏場でも汗をかかないような生活を送られていたり。。。

 

 

 

人間は汗をかくように出来ています。

 

汗をかくくらい体を使うこと。

 

汗をかくことなく、頭ばかり使っていると、、、

 

いろんな不具合も出てくるものです。

 

 

 

事情、状況で運動できないということはあります。

 

でも、少しずつでも、、、汗かきましょうね。