お知らせ

2017 / 06 / 25  23:11

鍼灸と熱

ふとした時に、大きな学びを得ることがあります。

 

必死に学ぶ

 

ふとした学び

 

共に必要です。

 

必死にやるから、ふとした学びがある、、、

 

こともある笑

 

自分の中でとても大きな学びがあり、興奮冷めやらずといった感じです。

 

あ、私のことです笑

 

 

 

 

さて、昨日、「」ということについてある方と話ました。

(先ほどの学びとはまた違う話です)

 

鍼灸ではよく熱の話になったりもします。

 

熱と言っても「体温」とは違う熱ですけど。

 

話した、というよりかなりアツく、、、

 

 

 

熱についてはいろんな考えがあります。

 

熱って、身近なものなのですよね。

 

体温計で表示される数値が全てではありません。

 

 

鬱熱

 

血熱

 

臓の熱

 

腑の熱

 

虚熱

 

実熱

 

煩熱

 

、、、

 

こんな言葉を書いてしまうと難しそうに見えますね。

 

ただ言葉遊びをしていてもあまり意味はないのですが、、、

 

でも、ホントは難しいことではありませんし、

 

もっと普段の感覚に近いというか、本能というか。

 

まぁ、とにかく、面白いと思います。

 

いろんな「熱」があります。