お知らせ

2017 / 08 / 11  23:07

書物や書籍から学べることは沢山あります。

 

ただ

 

それは字面だけのことではありません。

 

 

 

私の20代前半は、

 

本なんて意味無い!

 

ってな感じで、ひたすら師匠について回ってた感じでしたが、、、

 

20代中ごろから本の虫みたいになってひたすら文字(本だけではないですけどね)と格闘する日々。

 

とにかく幅広く知識や技術を求めたのかもしれません。

 

焦っていたと思います。

 

でも、30前くらいになって、同じ本を何度も読み返すことが次第に増えました。

 

しつこいくらいに笑

 

書き手の裏の声を聞きたい、読み取りたいと思っていました。

 

そして40代。

 

本は読んでいるようで読んでない笑

 

一応見ているんですよ、字面は。

 

でも、本を読んでいても、ほとんどは別のことを考えています、、、

 

以前に治療した患者さんのことだったり、今治療している患者さんだったり、治療している時の感覚だったり、、、

 

本のフレーズからいろんなことが浮かんで繋がって、それをまたほどいて。

 

それを繰り返している感じです。

 

なので、20代のころは数時間で読み終えた本が、同じ本なのに今だと数ヵ月かかったりします。

 

知識を得るためだけに買った本なら今でもあっという間に読み終わりますけど。

 

本という存在はその人その人で違ったものなんでしょうね。

 

 

 

さてさて、当院の短い夏休みも終わり、今日からがっつり仕事してます。

 

これからビール飲んで、明日も頑張ります!