お知らせ

2017 / 08 / 18  22:51

武道、スポーツ、舞踊。。。

 

ある方にとっては日常ですが、特にそんなことがなく日常生活を送る方でも「指」は重要な要素です。

 

重要だということは何千年も前から言われていることで何を今さら、、、ですけどね。

 

生活様式が昔と今とでは違います。

 

自然とトラブルの起こり方は違ってきます。

 

 

 

足の指は、立っている、歩いている、そんな時だけ働いているわけではありません。

 

「つまむ」「立つ」などの所作はもちろん、坐していても、臥していても、働いています。

 

ご来院される方の中には、病気や事故により指を失った方もいらっしゃいますが、同じように末端(断端)部はとても重要になります。

 

 

 

さて、スポーツや舞踊をやっておられる方をみていると、指のトラブルがいかに多いか。

 

爪のトラブル、皮膚のトラブル、動きのトラブル、循環のトラブル、、、

 

ご本人は指まで意識がいっていない場合も多く、とんでもなく固くなっていても、循環障害が起きていても気づいていないことも多々あります。

 

極端な方では、指のトラブルが改善しただけで他の様々な症状まで無くなることがあります。

 

鍼灸やあん摩、指圧などでは「おなか」「せなか」が重要視されることも多いですが、同じように末端である皮膚や指も重要だとされています。

 

まぁ、重要でない「部分」なんて存在しないのですが。。。

 

 

 

何らかの症状、特に痛みなどがあると、痛む部分へ意識が集中してしまうものですが、

 

もし

 

「しばらく自分の指なんて見てない気がする」

 

ということがあったら、、、

 

そんなところに少しだけでも意識を向けてみると生活が変わるかもしれません。