お知らせ

2017 / 11 / 14  00:16

寒さに強いですか?

 

寒さ暑さに対する対応力は人それぞれです。

 

ちょっと寒くても調子を崩す人もいますし、真冬に半袖の方もいます。

 

犬は喜び、猫はコタツ。

 

寒いのが苦手なシロクマもいるかも。

 

いろいろですよね。

 

 

 

寒さが徐々に強まる今日この頃。

 

首が、、、

 

腰が、、、

 

膝が、、、

 

と連日電話が鳴ります。

 

寒さに加えて、大きく湿度の変化があった日は特に。

 

 

 

中医学には、寒の直中(じきちゅう)という表現があります。

 

字のごとく

 

「直に中る(じかににあたる)」

 

寒が体の中まで直にドーンと入ってくることを言い表した言葉です。

 

抽象的だと感じますか?

 

でもこれ、実際によくあります。

 

 

「外に出て、寒っ!と思った瞬間に腰がぎくっとなって、、、」

 

「冷たい風が吹いたと思ったら、急に腕が痛くなって、、、」

 

中には

 

「冷たい水でお風呂を洗っていたら痛風の痛みが再発しました」

 

なんていうケースもありました。

 

 

 

東洋医学では、鍼灸でも按摩でも指圧でも漢方薬でも寒さや暑さという要素を診断や治療に活かしています。

 

暑いとか寒いというのは、ごく当たり前な感覚ですよね。

 

それ自体に良い悪いはありません。

 

冬は寒いし、夏は暑いのが当たり前。

 

そんな当たり前の感覚を、心身の状態判断、治療そのもの、治療結果の判断などにも繋げていきます。

 

 

暑さ寒さなんて、、、

 

素朴?

 

自然?

 

原始的?

 

旧時代的?

 

面白い?

 

人によって感じ方はそれぞれだと思いますが、私にはしっくりきます。