お知らせ

2018 / 01 / 17  07:51

リラックスと気のゆるみ

「身体がいつも通りになってきたな」

 

 

年末年始の休みが明けて半月がたつ今日この頃。

 

そんな感じの方、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

「年始の仕事始めはどうも身体がだるい」

 

「立ちくらみがすることがある」

 

「休み明けはよく偏頭痛がする」

 

そんな感じに年明けを過ごした方は、休み中にちょっと身体がなまっていたのかもしれません。

 

 

 

なまる

 

なんて言うと、筋力が落ちるような状態を想像するかもしれませんが、そこまでいく前の状態。

 

何となくキレが悪い感じ。

 

だらーんと緩みすぎた状態です。

 

気の緩みなんて表現もありますよね。

 

緩んでるくらいに留めておければ良いですが、それが過ぎると気も抜けるし腰も抜けてしまいます。

 

ぎっくり腰が休み明けに多いのもそんなことが関係しています。

 

 

もちろんリラックスすることに善し悪しはないですし、緊張があれば弛緩もないとバランスがとれません。

 

しかし、普段強い緊張を強いられている状態から急にリラックスモードの生活になると一気にドーンと深く身体が緩みます。

 

人間、急な変化にはうまく対応できないものです。

 

普段はないのに立ちくらみがしたり、偏頭痛が起きてくるのがその現れです。

 

休暇があると必ず風邪をひく、、、ぎっくり腰になる、、、アトピーの痒みが強くなる、、、

 

そんな方もたくさんいらっしゃいます。

 

 

 

たまの休み。

 

ゴロゴロしても良いし、食っちゃ寝しても良い。

 

休むことも必要です。

 

でも動くことも必要。

 

どちらも必要です。