ブログ

2019 / 10 / 15  08:27

恥骨痛

 

台風の影響でバタバタとしましたが、昨日から通常業務に戻ることが出来ました。

被災された方々が一刻も早く安心できる生活に戻られることを祈っております。

 

 

私は今回の台風で1日だけですが避難所のお手伝いをさせていただきました。

避難所で毛布や水などの物資の運搬、一旦戻り自宅と鍼灸院の台風対策を済ませ、家族全員で避難所へ移動、そのまま避難所のお手伝い、という流れでした。

川崎市の防災訓練や避難所開設訓練には何回も参加していましたが、実際の運営に関わるのは初めてのことでした。

たった1日だったのに、いろいろと考えさせられました

これからも自分に出来ることを考えやっていこうと思います。

 

 

 

 

さて、話は全く変わりますが、、、今日は恥骨痛の話。

 

 

 

学生の頃はそうみる機会はないだろうと思っていたのが恥骨痛

 

専門学校では勉強しましたけどね。

 

でも、実際臨床に出るようになると、これが結構頻繁にあります。

 

 

当院で多いのはスポーツ関連で出てくる恥骨痛と妊娠中や出産後での恥骨痛。

 

妊娠関連は当然ですが、スポーツ関連で起きてくる恥骨痛も女性に多いです。

 

 

妊娠期間に起こる恥骨痛は単に痛みだけでなく疲労骨折のこともあるので注意が必要です。

 

ご本人が

 

「妊娠期にはよく痛くなるって聞くし仕方ないのかな」

 

と思い込んでいることもあるため、痛みの強さや痛みの出方などをしっかり確認しておくことが必要です。

 

 

スポーツではダンス、サッカー、水泳の選手が多いです(当院では)。

 

 

救急病院勤務だったころも恥骨痛の方が多くご来院されていましたが、例外的なものでは交通事故などの外傷としての骨盤骨折(またはその後遺症)、筋肉由来の恥骨痛、変形性股関節症が関わる恥骨痛、スポーツや立ち仕事の方に多い疲労骨折という感じでした。

 

 

 

普通の日常で起こりうるのが恥骨痛ですが、、、実は厄介です。

 

場所が場所だけに、痛みが強くて我慢できなくなるまで隠していることも多いですからね。

 

そうなると、こじらせてから初めて医療機関にかかるという方も少なくありません。

 

 

 

恥骨痛と言っても原因は様々です。

 

疲労骨折恥骨周囲の炎症のこともあるし、筋肉からの痛みのこともあります。

 

月経に伴って痛みが出たり、膀胱炎尿道炎から痛みがきていたなんてこともあります。

 

 

当院にご来院される方では筋肉の問題から恥骨痛が出ていた方が多いです。

 

筋肉からくる痛みは、スポーツでの累積疲労妊娠中の体重増、ホルモン分泌の変化でなくても、急に体重が増えたとか、急にスポーツを始めたり仕事の業務内容が変わった(立ち時間が増えた)などという時も起こります。

 

その場合は腰、腹、大腿部の筋肉を緩めればたいていの痛みはとれます。

 

 

 

あ、恥骨痛でご来院された方からよく聞かれるのが「痛いところ(恥骨部)に鍼をしますか?」です。

 

当院では恥骨部に鍼やお灸をすることはありませんのでご安心を。

 

 

 

*疲労骨折は骨癒合(骨折した骨が着くこと)までに時間がかかります。

早期発見と予防が大切です。

痛みが引かないようなら我慢せず整形外科を受診するようにしましょう。