ブログ

2019 / 12 / 21  00:23

当たり前のことだけどなかなかね~なこと

当たり前のことだけどあまりやらないこと

 

やりすぎたらへらす。

 

いきすぎたらもどす。

 

 

改めて言うことでもないですが、これが原則です。

 

それで心も体もバランスをとっています。

 

でも、なかなか難しいですよね。

 

働きすぎたら休む、とか、簡単に出来たら苦労はないわけで。

 

そう出来ないからいろんな問題が出ているのですから。

 

自分自身、「ちょっと休んだら?」ってよく言われるので人のことは言えないかな。

 

 

 

でも、あえて、、、

 

例えば、食べ過ぎたらしばらく食べるのを減らす、とか。

 

これが出来ていれば問題ないのですが

 

「頭では分かっているんだけどね~」

 

となることも多いものです。

 

私もたまにそんなことがあります。。。

 

 

 

食事以外でも同じことですよね。

 

買いすぎたらしばらくひかえる。

 

これができるから生活が成り立ちます。

 

 

 

欲の持つチカラは強いです。

 

食べすぎ、買いすぎ、遊びすぎ、、、

 

これらはまだ分かりやすいです。

 

という表現ですぐ理解できます。

 

これが明らかな欲を感じないままやっていることだと修正は難しくなります。

 

 

 

例えば、姿勢

 

同じ姿勢を続けていればどこかが痛くなります。

 

「その姿勢を続けちゃまずいよ」

 

というサインとしての痛みです。

 

どんなに見た目綺麗に感じるような姿勢だったとしても、ずっと同じ位置で同じ姿勢を続けることはできません。

 

どこかに不具合が出てきます。

 

 

 

姿勢は外からの見た目だけでは分からないこともあります。

 

また、生活する中での姿勢にとって筋肉は重要ですが、筋力で成り立つものではありません。

 

同じ姿勢を長くとっていても平気な方は、そこが自然にできています。

 

 

 

無意識の積み重ねが不調につながっていることは多いです。

 

肩こり腰痛頭痛など痛みだけでなく、冷え症お腹の不調などとも関連していることがあります。

 

それに、仕事や育児、介護などでは「悪いと気づいても修正できない」こともありますし。

 

 

 

背中を丸めてパソコンを使っていたらときどき背中を伸ばす。

 

指を曲げて仕事をしていたらときどき指を伸ばす。

 

上を見上げて仕事をしていたらときどき下を向く。

 

股関節や膝を曲げて仕事をしていたらときどき股関節や膝を伸ばす。

 

立ちっぱなしでいたらときどき座る。

 

休日にゴロゴロしたら午後は動く。

 

食べ過ぎたら減らす。

 

じーっと考えすぎたら動く。

 

 

 

1つ1つあげていたらキリがありませんよね。

 

忘れてしまった本来の姿勢のあり方を取り戻すのが大切です。

 

自分の軸と中心を。

 

知識でなく感覚として。

 

 

 

私は食べ過ぎることもありますし、パソコンやスマホを長時間使うこともありますし、仕事中はほとんど休みをとりません。

 

現実には無理をしてやらないといけないことがたくさんあります。

 

でもそれは、どこかでバランスをとるようにしているからできることです。

 

何事も完璧にこなせる人なんかいません。

 

自分を完璧にコントロールできる人もいません。

*私にはできませんし、これまで会ったこともありませんが、もしいらしたら申し訳ありません。

 

どこかでバランスをとればいい。

 

自分なりに。

 

 

 

鍼灸+‪α‬でそのお手伝いを。

 

そんなふうに思っています。