お知らせ

2018 / 03 / 03  23:19

先手必勝

先日、往診先の患者さんが一言。

 

「ワタシのお腹、出てるでしょ(笑)」

 

いやいや、わざわざ出さなくても良いですけど(笑)

 

この前も出してましたよね(笑)

 

「だって、出さなきゃ見てくれないでしょうに(笑)」

 

そりゃーそーですけど(笑)

 

「これ、どうにかならないのかしら、、、ひっこむ鍼とかあるでしょ?(笑)」

 

どーにもならないですよ(笑)

 

と言うか、そのままが良いですよ。

 

「そうかしら~たしかに肌触りは最高なのよね~(笑)」

 

そうですよ~最高級品ですよ(笑)

 

「今なら安くしとくわよ(笑)」

 

いや、高くつきそうです(笑)

 

 

 

この後もずーっとこんな話ばかりして帰ってきました。

 

あ、治療はしてますよ、もちろん(笑)

 

 

 

いや、ホント、冗談抜きに良いお腹なんです。

 

病気をしてから生まれ変わったというのがご本人談ですが、そうなのかもしれません。

 

 

 

お腹、それは身体の真ん中、中心です。

 

まさに心ですね。

 

この患者さんは歩けませんが心は自由。

 

往診に行ってはいますが、どっちが治療してるんだか分からないくらいです。

 

不調があるから治療しているわけですが、、、

 

そう感じさせないものがあります。

 

 

 

唯一気になっているのは、いつも先に笑いをとられること(笑)

 

いつかは先手を打ちたいものです。

2018 / 03 / 01  00:34

捻挫とお灸

先日書いた捻挫の学生さん、試合でちゃんと動けました~と連絡くれました。

 

良かった良かった。

 

でも、試合の終わり頃は痛みが出てきたらしいので、今は結構痛いはず。。。

 

まぁ、それも良い思い出にしちゃうのかもしれません。

 

パワフルな学生さんですから。

 

まぁ、ひとまずホッとしました。

 

後はしっかり治しましょうね。

 

 

 

さてさて、うちの治療院は「鍼灸なかむら」ですが、私は柔道整復師でもあります。

*柔道整復師は、骨折・脱臼・捻挫・打撲への施術をするための資格です。

 

救急病院勤務が長かったので様々な怪我に施術をしてきましたが、怪我につきものの「炎症」については思うところがあります。

 

 

怪我をすると、それがどんな怪我であったとしても必ず炎症反応が生じます。

 

怪我により炎症が起きるのは当たり前の反応です。

 

それ自体に良い悪いはありません。

 

必要だから炎症が起きているわけですからね。

 

ただし、炎症が強く起きれば腫れや痛みが強くなります。

 

それではつらいため、何らかの対処をするのが普通です。

 

炎症への対処としては、アイシング、、、消炎鎮痛剤、、、注射、、、

 

方法はいろいろあります。

 

氷や水で冷やすのはほとんど本能に近い行動かもしれません。

 

 

炎症をどう処理するのかは、炎症や痛みの度合いによりますし、その場その時での判断もあります。

 

 

捻挫などにより局所的に炎症が起きた場合は、一般的には「氷」や「水」で冷やしたり消炎鎮痛剤を用いますが、、、

 

この炎症に対する処置として、鍼灸では面白い考え方があります。

 

鍼灸そのものは「冷たい」わけではありません。

 

氷のように直接的に冷やすことはできません。

 

直接的に「冷やす」のではなく結果的に「冷える」、そんな感じです。

*これは私がそう表現しているだけなので、その点ご了承ください。

 

冷えると言っても、氷などで冷やした時や消炎鎮痛剤を用いた時とは違う反応なのですが。

 

そうやって炎症に対応していきます。

 

 

こういう鍼灸の作用はまだまだ解明されていませんが、、、

 

鍼灸では理屈よりも結果の方が大切。

 

実際に腫れがひいたとか、痛みが軽減したということが大切です。

 

逆に言えば、結果が伴わないと意味がないとも言えます、ね。

2018 / 02 / 23  21:40

絶対、試合に出たいんです。

先日、久々にご来院された学生さん。

 

今春に高校を卒業し大学へ。

 

「そーかーもう卒業か~」

 

なんて感傷にひたる、のは後回し。

 

電話で大まかな状況は聞いていましたが、来てみると思っていたよりひどい捻挫でした。

典型的な足関節の靭帯損傷。

よくあるパターン、外側ですね。

 

靭帯損傷(いわゆる捻挫)は全身どこの靭帯にも起こりえますが、その中でも足関節が最多です。

足首を内向きに捻った時に受傷するのが一般的ですが、程度が軽いものから重いものまで様々です。

痛みや腫れについても、数日で自然に軽快するものから数ヶ月かかるものまでいろいろです。

 

整形外科で診察後

 

「どうしても出たければ出ても良いけど、、、その後どうなるかはわからないよ」

 

と言われたとのことでした。

 

でもって6日後に部の引退試合があると。

で、絶対に出たい、と。

 

まぁ、無茶ぶりはいつものことで(笑)

 

ただ、将来もあることです。

普段なら試合は諦めて治療に専念するようにお話しますし、今回もそう話ました。

でも、、、

本人の身体で、将来も本人のものですからね。

最終決断は本人です。

 

週末がその試合です。

腫れもほとんどひきましたし飛べそうだと言っていましたが、さてさてどうなるか。

思いっきりはできないかもしれないけど、これまで一緒にやってきた仲間と大切な時間を楽しんで過ごせたら私も嬉しいです。

 

それが終わったら改めて感傷にひたるかな~

2018 / 02 / 13  21:15

ライオンと不眠症

 

ご来院された患者さんが教えてくださいました。

「ライオンのオスってほとんど寝てるらしいですよ」

 

 

その方はいろんなことにチャレンジしておられる方。

 

で、いろいろやるために睡眠時間を短くしたいようで、様々な方法を試しているそうです。

*ご来院されている理由はそこではありません。

 

 

 

その方曰く

 

「オスライオンは、睡眠時間が20時間」

 

「食べる以外は寝ている」

 

ということらしいです。

 

 

 

ライオンはよく寝ていると聞いたことがありましたが、まさかそんなに長いとは驚きです。

 

でも、動物園のライオンはどうなんでしょうね。

 

自然に暮らしているライオンとは違うのでしょうか。

 

人間が思うがまま、感じるがままに睡眠をとったらどうなるのか、、、

 

いろいろ気になります。

 

 

 

ちなみに、、、

 

不眠症の改善に効果があると言われているツボに

 

「失眠(しつみん)」

 

というツボがあります。

 

足の裏、踵(カカト)のど真ん中にあるツボで、鍼灸師なら誰でも知っている超有名なツボです。

 

当院では不眠症以外の症状に対して使うことの方が圧倒的に多いですが、場所が分かりやすいツボなので自宅でお灸をやられている方は試してみると良いと思います。

2018 / 02 / 05  23:08

お灸セルフケアのポイント

今年の冬は逆子のお灸に限らずお灸の出番が多かった。

 

って、まだ冬ですけどね(笑)

 

この冬は寒かったのもあり、たまたまお灸が合う方が多かったこともあり、昨年よりかなりお灸の出番が多かったです。

 

 

治療院でお話していると、お灸は冷え性やむくみに良い、セルフケアに使えるというようなイメージをお持ちの方が多いようです。

 

確かに冷え性やむくみとは相性が良いのがお灸ですし、

 

「たまにせんねん灸やります」

 

「お灸マニアの友達がいます」

 

「おばあちゃんが家でやってました」

 

という方もいらっしゃいます。

 

経産婦さんでは逆子のお灸もよく知られているところですが、逆子のセルフケアでもお灸は定番です。

 

 

お灸のメリットの1つ。

 

やりようによっては

 

「本格的な治療が自宅で(自分で)出来る」

 

ということがあります。

 

あまり深く考えなくても、お灸や指圧などの健康本に書いてある定番のツボにお灸をするだけでリラックス効果や血流促進の効果が期待できますし、症状によっては即効性もあります。

 

せんねん灸のような簡易型のお灸もバカにはできません。

 

それどころか灸師をおびやかしています(笑)

 

ただ、他の健康法などと同じといいますか、セルフケアの特徴といいますか、、、

 

続けるのが難しい(笑)

 

 

「飽きた」

 

「効かなかった」

 

「忙しくて」

 

などなど。

 

 

お灸に限らずどんな方法でも続ければそれなりの効果が出るものです。

 

難しい症状で効果が出なかったというのは別として、ほとんどはお灸の使い方の問題で効果が出ていないケースが多いようです。

 

 

さてさて、前置きが長くなりましたが(笑)

 

セルフ灸のポイントは

 

【たっぷりやる】

 

これです。

 

「自分でお灸をやったが効果が出なかった」

 

という方にお話を聞くと、ほとんどの方はお灸の使用量が足りていません。

 

お灸は、熱ければ良いというものでもありませんが、少なすぎても効果が出ません。

 

効果が出ていても、自分では気づかないくらいだったり、すぐに効果を感じなくなってしまいます。

 

それじゃあもったいない。

 

 

治療院でお灸をする時は、他の治療などを含めたトータルで考えるのでお灸の数は自然と少なくなりますし、透熱灸などの直接灸は少ない数で充分効きます。

 

自宅でお灸だけというような場合は、マイルドな熱感のお灸を使うことがほとんどなので、しっかり温かさを感じるくらいにやらないと効きません。

 

「ツボ1箇所にお灸を1つしている」

 

という方なら、お灸を2つ、3つと増やしてみてください。

 

たくさんのツボにやっている方なら、ツボそのものは減らしても良いかもしれませんよ。

 

 

セルフ灸で効かなかった方はぜひお試しを!

 

 

*同じ場所を繰り返しお灸をするときは、火傷には注意しましょう。

慣れなくて判断が難しければ、全く同じ場所でなく、お灸をしたツボの隣に次のお灸をするという具合に場所をずらせばOKです。

少しくらい場所がずれてもお灸はちゃんと効きます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...