ブログ

2019 / 03 / 01  22:22

花粉症

ティッシュが売れる季節になりました。

 

春≒花粉症

 

そんな式が成り立ちそうなほど花粉症の方が多いようです。

数年前に東京都が行った調査ではスギ花粉症の推定有病率が48%だったようです。

調査方法によって数値が変わるのが統計というものなので何とも言えませんが、体感的には3~4人に1人は花粉症っぽいなーと感じている方が多いのではないでしょうか。

 

どうすれば花粉症の方が減るんでしょうか。

杉や檜を伐採したり、花粉が作れない杉を開発したり、、、いろんな試みがあるようです。

ただ、私個人の考えとしては、そういうアレルゲン対策の国策よりも【個人】が重要だと感じています。

 

私も検査をすれば花粉アレルギーですが、年々症状が軽くなりここ数年はほとんど症状が出なくなりました。

今年は今のところ1日だけそれらしき症状がありましたが、既に落ち着いています。

そのうち改めて病院で検査を受けてみようと思っています。

 

鍼灸で花粉症のケアをするのも一手。

 

花粉症でお悩みの方がご来院されますが、当院では【花粉症の方にはこういう鍼灸治療をする】という決まったものはありません

お一人お一人バラバラです、当院では。

 

花粉症はコレ、というように治療方法を決めている鍼灸院もあります。

それは鍼灸師の考え方の違いなので、良い悪いはありません。

方法やツボを決めていたとしても、鍼を打つ段階になると結局は一人一人に合わせて微妙に調整するのが鍼灸ですから。

結果が出ていればどっちでも良いことです。

当院では全身をみて粛々と鍼灸治療をするだけです。

言えるのは【鍼灸って案外おもしろい効果があるもんだよ】ということです。

 

 

まぁ、ひとまず鍼灸のことは置いといて。

花粉症のケアについて。

 

いろんな対処法がありますよね。

マスクから始まりメガネゴーグル内科・アレルギー科・耳鼻科などで処方される内服薬、点耳薬、点眼薬も様々あります。

食事療法もあります。

アレルギー科で行う減感作療法もあります。

ちなみに、普通のメガネをかけただけでも花粉を約40%カットできるようですよ。

 

自分の症状の強弱や諸々の事情により選択することになると思います。

 

低コストなケアとしては【冷やす】というのもあります。

単純に顔や首を冷やすだけ。

氷で冷やすのは温度調整が難しいので、で冷やすのが無難です。

とりあえずの不快な火照りかゆみをコントロールする方法として試してみると良いです。

 

やり方は簡単。

ティッシュやハンカチなどを水に浸して顔(特に目の周り)や首周りを冷やす。

冷やす効果以外にも、涙とともに目の周りに付着した花粉や花粉の抗原を吸い取る効果も期待できます。

注意点として、必ず清潔なハンカチやティッシュを使用することです。

何度も使い回すのはやめましょう。

 

花粉症による目の周りの痒みは強い不快感がありますが、痒みのあまり手でゴシゴシしたり乾いたティッシュなどで強く拭き取ると皮膚を傷めて更に強いアレルギー反応が出てくるので要注意です。

この方法は、女性はメイクの関係で首周りくらいしかできないかもしれませんが。。。

 

長期的にみればもっと良い方法がありますが、病院や鍼灸院に行く時間がない・薬が効かない・とりあえず少しでも楽になりたいという方にはオススメです。

2019 / 02 / 24  00:27

再考

日本高野連から【待った】がかかりましたね。

 

やっぱり、という感じ。

 

新潟県高野連が今春の大会に導入予定だった【投手の投球数制限】ですが、日本高野連が新潟県高野連に対して再考を促すメッセージを出しました。

加えて、日本高野連が4月に有識者会議を創設し議論していくとのこと。

 

日本高野連は、球数制限は絶対ダメと言っているわけではありませんが、新潟県高野連には相当なプレッシャーがかかることが予想できます。

この辺り、新潟県高野連も想定内なことだとは思いますけど。。。

 

さてさて新潟県高野連はどうするでしょうか。

2019 / 02 / 18  22:30

温活?温めるだけじゃもったいない

温活って言葉も定着しましたよね。

よく聞くな~って思ってました。
しばらく前までは。。。

今や使われなくなってきた感もありますが、どうなんでしょう。。。
温活という妙にハマる語感
イメージがひとり歩きするより忘れさられた方が良いかも、なんて思ったりもします。
 
で、治療院で聞いてみました。
 
「温活って聞いたら何をイメージする?」
 
これ、ご本人が冷え性かどうかは関係なく聞いてみました。
 
▪冷え性
▪足が冷たい
▪温かい飲食物
▪体が温まる食べ物
▪根菜、トウガラシ、ショウガ
▪体を冷やさない衣類(靴下、腹巻き、マフラーなど)
▪低体温
▪入浴、足湯
 
メモってないのでもっと他にあったかもしれません。
靴下とか腹巻きはちょいちょい答えにありましたが、手袋という答えは無かったですね。
足やお腹を温めるというイメージが強いのかもしれません。
 
体を一時的にあたたかくすることを目的とするなら「温める」ことだけで良いです。
温めることでリラックス効果もあります。
が、冷えなくするためには足りない部分があります。
温かい食べ物とか靴下は対症療法みたいなもの。
 
考えてみるとすぐわかりますが、温めることは大昔から行われていますが冷え性の人が減ったという話は聞きませんよね?
でも、温めれば冷えてつらい症状は軽減しますし、大きく改善する場合も稀にあるのでやってみる価値はありますよ。
 
ただ、それに縛られない方がいい。
 
自然には暑い季節も寒い季節もあります。
その季節ならではの対策は必要です。
暑すぎても寒すぎても命に関わりますから。
*暑さが影響して亡くなる方よりも寒さが影響して亡くなる方がはるかに多いという統計があります。
 
でも、暑いのも寒いのは「自然」なのだということも忘れてはいけないこと。
 
エアコンがある生活が当たり前になると、冬は暖房全開でTシャツで過ごせる、夏は部屋をキンキンに冷やしてフリースを着て生活、なんてことが起きてくる。
外出する時は帽子、マフラー、手袋、ヒート〇ック1式、ブーツ、、、
その方の状況によってはそれが有効なことがありますけどね。
 
暑い時には体が熱くなって汗をかく。
寒い時には体が冷えて震える。
 
これは人に必要なことです。
度を越してはいけませんけど。
人は自然の一部である以上、体も自然に則した変化が起きなければいけないような仕組みになっています。
暑さ寒さは、過ごしやすくはないけど悪ではありません。
暑さ寒さがあるからこそ気候の変動を肌で感じて、それに体が応えるからこそキチンと働く機能が人にはあります。
温めるんじゃなく、温まるチカラを発動する。
人にはアメとムチが必要です。
2019 / 02 / 13  21:48

箸とスプーンと鋸と刀

ほとんどのものをだけで食べてきた日本人。

っていうのはずーっと昔の話。
 
今は箸、スプーン、フォーク、ナイフくらいは日常的に使う家庭が多いと思います。
純和食な食卓はほとんど見なくなりましたし、箸よりもスプーンやフォークをよく使うご家庭がけっこうあるかもしれませんね。
もちろんどっちが良いということはありません。
 
でも生活に密着した「道具」にはいろいろ面白い面があります。
食事の道具だけでなく、農機具にしても大工道具にしても人と土地が変わればその道具も変わります
鋸(のこぎり)」ひとつとっても、日本の鋸は「手前に引いて切る」タイプ、欧米の鋸は「向こうに押して切る」タイプ。
真逆です。
刀にしても、日本のものと海外のものでは全く方向性が全く違いますよね。
 
最初から最後まで一組の箸で食事をしようと考えた人と、様々な道具を使って食事をしようと考えた人。
 
食事以外の考え方身のこなしも違ってきて当然です。
 
鋸はそこに生えている木の性質、箸やスプーンは食材で決まったのでしょうか。
それは私には分かりませんが、それだけでなく、人の体が強く影響して決まってきたのだと思えます。
 
道具によって体がつくられていくし、その時の体によって道具が作られていく。
単に「口に食べ物を運ぶ」ということだけでもいろいろです。
たまには意識していろいろ使ってみると学べることがたくさんあります。
2019 / 02 / 08  16:22

雪が振ります、きっと

先日「もうすぐ春ですね」なんて投稿しましたが、、、

明日はついに雪が降るようです。

最近は雪が降ると予報が出てもパラッとくらいでしたが、明日は積雪予報も出ています。

 

 

キャンセルは遠慮なくご連絡ください。

 

 

治療のための外出で怪我をしてしまっては意味がありません。

決して無理はされないようにお願い致します。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...